BTS

【BTSのダンス】下手だと言われたデビュー時にJ-HOPEが取った行動!

BTSといえば、K-POP界でもトップレベルのダンスが大きな武器です。

「ダンスライン」と」呼ばれるジミン、V、ジョングク、そしてJ-HOPEを中心に、7人で息の合ったダンスパフォーマンスを披露してくれます。

しかし、デビュー当時はダンスが下手だと酷評されたことも。今の姿からは想像もつきません。

今回は、そんなデビュー当時の苦い思い出と、その時J-HOPEが取った行動について、詳しくご紹介します。

【 BTS の家族】メンバーの家族構成・写真・エピソードまとめ!BTSはアメリカのビルボード、イギリスのUKオフィシャルチャート、日本のオリコンチャートなど、世界各国で1位を獲得し、Spotifyやi...
BTSデビュー当時の苦悩!スタッフ・有名人に覚えてもらえなかった過去今や全世界で人気を博し、世界中で知らない人の方が少ないのではないかと思われるBTSにも知名度が低かった時期がありました。 熱狂的な...
【BTSデビュー前】練習生のきっかけと壮絶な努力と苦悩!今や世界的アーティストとなり、華々しい功績を残し続けているBTSにも下積み時代がありました。 彼らがどのような経緯でBTSのメンバ...

練習生前はダンス未経験者が多いBTS

出典元:BTS公式Facebook

2013年のデビュー以来、息の揃ったキレのあるダンスやアクロバティックなパフォーマンスでステージを魅了してきたBTS。

しかし、7人のメンバーのうちのほとんどが練習生になる前は全くのダンス未経験者でした。

ダンス未経験のメンバーと、それぞれが練習生になったきっかけについてご紹介します。

RM

出典元:BIG HIT MUSIC

RMは小学6年生の頃にHIP HOPに目覚め、中学生から楽曲づくりを行ってきました。

2009年にはHIP HOPのチームを結成、その活動の中で現在もBTSの楽曲制作に携わっているPdoggと知り合い、Big Hit(現HYBE)のプロデューサーであるパン・シヒョク氏を紹介されます。

ラップには定評があり、パン・シヒョクは「ラップモンスターみたいな子はデビューさせなければいけないと思った。防弾少年団を作ったきっかけは彼だ。」と語っている[17]

引用:Wikipedia

その後2010年にオーディションを経てBig Hitの練習生となりました。

練習生になるまでひたすらHIP HOPをやってきたRMは、全くのダンス未経験者です。

ジン

出典元:BIG HIT MUSIC

元々俳優志望建国大学映画芸術学部に通っていたジンは、通学中にBig Hitからスカウトされ、オーディションを経て練習生になりました。

Big Hitにスカウトされる前は、東方神起などが所属するSMエンターテインメントからもスカウトされていたというから、当時から余程のオーラがある逸材だったのでしょうね。

俳優志望で演技などを学んでいたジンもまた、ダンスは未経験でした。

SUGA

出典元:BIG HIT MUSIC

出典元:BIG HIT MUSIC

SUGAもRMと同じく、HIP HOP畑にいた人物です。

13歳から作詞作曲を始め、2010年にBig Hitが開催したHIP HOPコンテスト「HIT IT AUDITION」に参加。2位という成績を収めて見事合格し、練習生となりました。

もともと芸術学校への進学を志していたため、クラシックの勉強などもしていたというSUGAは、金銭的な問題から地元の高校へ通う事になりますが、高校生になると家に食費や交通費の助けを求めずに生活したいという思いから、地元大邱の音楽スタジオでアルバイトを始めます。

アルバイトをしながら作詞作曲や編曲の仕方を独学で習得し、録音機器や音響機器を取り扱えるようになり、同時期にシュガは「gloss」という芸名でアンダーグラウンド界で活動し始めますが、練習生になるまではダンス未経験でした。

テテ

出典元:BIG HIT MUSIC

中学生の頃にサックス演奏を始め、デビュー前はサックス奏者になるのが夢だったというテテ。

地元・大邱で開催されたBig Hitのオーディションに友人の付き添いとして出向いたところ、審査員に「オーディションを受けませんか」と声を掛けられ、結果としてそのオーディションで唯一の合格者となりました。

今やグループのダンスラインとして名前が挙がる程の実力を持つテテもまた、ダンス未経験者でした。

ジョングク

出典元:BIG HIT MUSIC

グループの末っ子ジョングクダンス未経験です。

もともと歌手志望だったジョングクはオーディション番組に出場しますが予選で不合格に。それでも複数の事務所からスカウトを受け、数ある中から入所を決めたのがBig Hitでした。

デビュー以来グループのセンターを背負って立つことの多いジョングクがダンス未経験だったなんて、今では想像もつきませんね。

出典元:BIG HIT MUSIC

7人中、なんと5人がダンス未経験の状態で練習生になった経緯を持つBTS。

彼らが今の様な実力を手にするまでの苦労は想像を絶するものであることは間違いありません。

BTSの1日のダンス練習時間は?

出典元:BIG HIT MUSIC

そんな彼らは、1日にどれくらい練習をしているのでしょうか?

彼らの話によると、なんと1日に12~15時間!! 

1日の中で、寝ている時間以外ほとんど全てを練習時間に充てていたんですね。

また、Big Hitの練習生のレッスンスケジュール自体もとても過酷な事で有名です。

ダンス以外に歌や語学のレッスンもこなしているという練習生たち。ダンスレッスンに至ってはなんと夜中の12時から始めるというから驚きです。

BTSが練習生だった頃のスケジュールが今と同じかどうかは分かりませんが、ダンス以外の様々なレッスンも受けていた事は間違いないですから、一体いつ休んでいるんだろう…と心配になりますね。

ただ、彼らのそんな努力が今の実力に繋がっていることは確かです。「シンクロダンス」「カル群舞」と称される息の合ったパフォーマンスの裏には、血のにじむ努力があったんですね。

J-HOPEがメンバーへ熱心に指導!

出典元:BIG HIT MUSIC

しかし、そんな彼らもデビュー時のダンスの評価は決して良いものではありませんでした。

振付を担当するソンドゥク先生からは「BTS程ダンスの出来ないグループも珍しい」と言われてしまうほど。

ダンス未経験者の多いチームが数年のレッスンでプロレベルに到達するのはかなり厳しいと思われますが、1日のほとんどをダンスレッスンに充てて努力してきたにも関わらずその様な評価をされてしまった当時の彼らの心境を考えると胸が痛みます。

ですが、そこで真っ先に立ち上がったのは、今やグループの「ダンス長」としてパフォーマンスを引っ張るJ-HOPEでした。

J-HOPEは「自分がダンスリーダーとしてメンバーを引っ張っていかなければならない」と奮起し、メンバー達のダンス練習に徹底的に付き添ってくれたのです。

中学生の頃からダンスを始め、ストリートダンサーとしてチームに所属、様々な大会での優勝経験も持つほどの高いダンススキルを持つJ-HOPE。

ダンススキルだけでなく、周りを思いやる気持ちや高い向上心、面倒見の良さも持ち合わせているからこそ、「頼れるダンスリーダー」としてグループのダンスレベルを現在の地位に引っ張って来られたのかもしれませんね。

現在のメンバーのダンスの特徴は?

さて、そんな彼らの現在のダンスの特徴はどのような感じなのでしょうか?

7人それぞれに個性があるようです。一人ずつご紹介します。

RM

RMは体格の良さを活かしたダイナミックな動きが特徴です。ほかのメンバーの体格や動きが軽やかなのに対して重厚感のある踊りをするので、グループの中でもアクセントになります。センターに来た時の存在感も抜群ですね。

また、最近では以前より動きに滑らかさが増したとの声も。これも見えない努力の賜物なのでしょうね。

ジン

よく「ダンスが苦手」だと話しているジンのダンスは、歌詞の世界観をしっかり体現しているかのような表情豊かなダンスが特徴です。真面目な性格がとてもよく分かる、基本に忠実な動きは、誰よりもレッスンに時間を割いて努力してきた証。

また、ジンは自分だけでなく他のメンバーの振付まで覚えているということが判明!普段からパフォーマンス映像などを繰り返し見ているのでしょうか?ちょっとしたところにも、彼のダンスに対する真摯な姿勢が見えますね。

BTSジンのダンスは下手?アンチの発言にユーモア交えた回答が神過ぎる
BTSジンのダンスは下手?アンチの発言にユーモア交えた回答が神過ぎるアジアだけでなく、世界のアイドルになったBTS。ビジュアル・歌・ダンス!そしてメンバーの一人ひとりが個性的で愛されているグループですが、...

SUGA

SUGAのダンスはとても軽やかで滑らかなのが特徴です。ダンス未経験とは思えないほどの、高いスキルを持っています。

練習生時代に事故で肩を負傷し、後遺症の痛みと闘いながら懸命にレッスンを積み重ねてきた証ですね。ラップラインでありながら、ダンスラインとしてもなんら遜色のない彼のダンスにはいつも驚かされます。

J-HOPE

彼のダンスは、ストリートダンスで培った抜群のリズム感と軽やかな動き、そして重心を下半身に置いた安定感ある動作が特徴です。

ダイナミックなダンスをする時にも、どこか軽やかさやしなやかさがあります。

カメラに映る角度や振り付け一つ一つの細かい動きに至るまで常に研究し尽くしているJ-HOPEだからこそ、誰よりもステージ映えするダンスを得意としています。

ジミン

ジミンのダンスの特徴はなんといってもそのしなやかな所作です。

デビュー前は芸術学校に首席で入学して舞踊を学んでいた実力の持ち主。

舞踊ならではのしなやかな動作と柔軟性、そしてジミン自身が持つ儚い雰囲気も相まって、見るもの全てを惹きつける才能があります。

メンバー随一の努力家としても知られるジミンの一つ一つの動きはどれを取っても美しくてため息がでますね。

BTSジミンのダンスの実力は芸術高校首席入学!圧巻ダンス動画まとめBTSのグループ全体の大きな魅力のひとつが、優れたダンスのパフォーマンスですが、そのメインダンサーとして活躍するジミンは、特にダンスパフ...

テテ

テテのダンスの特徴は、「音を全身で表現する才能」が挙げられると思います。

普通の人なら聴き逃してしまいそうな音も彼は全て拾って、それをダンスで表現します。まるで音楽と一体化しているかのようなその動きに、誰もがくぎ付けになることでしょう。

キレのある動きや顔の表情に至るまで全て、彼なりに「魅せ方」を研究し尽くしているのがよく分かります。

ジョングク

最後に、末っ子ジョングクのダンスの特徴はどうでしょうか。

ジョングクのダンスはとても力強い動きが特徴です。もともと筋肉質な彼のダンスはとても迫力があります。

また、ジョングクのダンスは基本にとても忠実で癖がないのも特徴です。

振り付けのお手本を完全再現する能力は誰もが持っている訳ではありません。数多くのステージをこなしていくうちにだんだんと自分なりのアレンジが加わるのも よくある事ですが、ジョングクの場合、何度踊っても常に丁寧でとても綺麗な動きを維持出来るのです。

過去にはパンPDからダンスについて酷評を受けていたジョングクが今のようなトップレベルに上り詰めるのに、一体どれ程の努力を重ねてきたのか、もはや想像もつきません。

まとめ

今回は、ダンスが下手だと言われたBTSを救ったJ-HOPEの行動やメンバーのダンスの特徴など詳しくご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

ほとんどのメンバーがダンス未経験のところから始まり、今や高難度のダンスも完ぺきにこなすグループへと成長したBTS。

ダンスリーダーであるJ-HOPEの苦労は勿論のこと、彼の熱意から逃げずに必死に食らいついてダンススキルを向上させたメンバー達の努力も、とても素晴らしいですね。

今後どんなパフォーマンスで私たちを魅了してくれるのか、とても楽しみです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

【BTS卒業アルバム】学生時代はどんな生徒だった?出身高校・大学は?韓国だけではなく、世界で絶大な人気を誇るアーティストグループのBTS。 BTSの長男で弟達を見守ってくれているジン、普段はもの静か...
【BTSメンバー加入順】メンバー結成までの経緯をまとめ!今や世界中にARMYがいるK-POPグループのBTSですが、デビュー当時から人気があったわけではありません。 2013年、無名事務...