韓流

【消えた韓流女優】最近見かけないあの芸能人の現在は?

人気商売である芸能界では、移り変わりも激しく、過去に話題となったものの、現在の活動があまり目立たない韓流女優さんもいらっしゃいます。

今回は、最近見かけないあの芸能人の現在はどうなっているの?という疑問を解決すべく調べてみました。

【消えた韓流スター】最近見かけないあの俳優は現在何している?「そう言えば...あのドラマに出演していた俳優...最近見ないよね?」と思う韓流スターはいませんか。ふとした時に思い出す、最近見かけない...

消えた韓流女優

韓国ではチャンネル数が900ほどあり、ドラマだけでも50〜60のチャンネルで放送しているそうです。そのため日本で見られるドラマは、韓国で放送された全てというわけではありません。

大手放送局のものであったり、人気チャンネルのものであったりと限られてくることで、日本では消えてしまったように思える韓流女優さんも出てきます。

今回は最近見かけないな?と思った5人の現在を、プロフィールなどと一緒にまとめてみました。

ユン・ジニ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@yjyoonjinがシェアした投稿

ユン・ジニさんは1990年7月27日に大田(テジョン)広域市で生まれました。現在32歳で身長164cm、本名はキム・ユンジンさん。中学校3年生の頃にアメリカのカリフォルニア州アーバインで3年間の留学生活を送りました。

帰国後は世宗(セジョン)大学校映画芸術学科に進学します。2011年に学校内で開催されたオーディションでスカウトされ、2012年ドラマ「紳士の品格」で女優としての活動をはじめます。

この年、新人賞やベストカップル賞などの大賞を獲得しており、一躍注目の的になっています。2013年には人気シリーズの「応答せよ1994」や2014年ドラマ「大丈夫、愛だ」といった名作に出演するなど活躍していました。

しかし、2014年10月にアイドルグループ<SHINHWA>チョンジンさんとのシンガポールデートの様子を熱愛報道され、両事務所は『会っていないとデート自体を否定するコメントを発表しました。

熱愛報道のあとの出演作は2016年ドラマ「ハッピー・レストラン~家和萬事成~」と2018年ドラマ「たった一人の私の味方」の2作品と2015年映画「ヘリオス」の合計3作品のみとなっています。

どうして仕事を減らしたのかは調べてみても見当たりませんでしたが、熱愛報道でのイメージダウンで仕事が減った俳優さんもたくさんいるので、それが理由なのかもしれません。

しかし、芸能活動を継続的に続けているのは良い知らせですよね。「たった一人の私の味方」は最高視聴率は49.4%の人気作品でしたし、これから多くの作品に出演される可能性もありそうで楽しみです。

キム・サラン

キム・サランさんは1978年1月12日に大邱(テグ)広域市で生まれました。現在44歳で身長173cm、2000年のミスコリアに選出され、2001年のミスユニバースでは民族衣装賞を獲得するなどの活躍をします。

2000年ドラマ「天使の怒り」で女優として活動をはじめました。地道に演技力を高めていき2005年ドラマ「このろくでなしの愛」に出演し、日本での人気が高かったRain(ピ)さんとの共演で、ヒロインではありませんでしたが注目を集め知名度が上がります。

2007年ドラマ「王と私」や2010年ドラマ「シークレット・ガーデン」など話題作に出演するなどしていた頃の2013年、サッカー韓国代表選手のパク・チソンさんとの結婚間近という熱愛報道が飛び出しました。

韓国でのサッカー人気は高く注目されやすいのですが、名前が同じ俳優のチソンさんと間違われる事も多く熱愛報道に巻き込まれやすいそうです。今回はキム・サランさんが<キム>違いで間違われた形となりました。

パク・チソンさんが公式の会見で誤解を招いてしまったと謝罪し、アナウンサーのキム・ミンジさんとの交際を認めることで、キム・サランさんとの熱愛報道は幕を閉じたのです。

2015年ドラマ「愛するウンドン」でヒロインとして初主演をしましたが、ここからドラマではキム・サランさんを見かける事はなくなります。CMや広告活動はしていたので韓国では見かけたのかもしれません。

次回作を期待されていた2018年4月、深さ2mのマンホールに落ちて右足骨折、全身打撲などで一ヶ月以上の入院生活を余儀なくされます。リハビリを含めて完治するにはもう少し長くなったのではないでしょうか。

怪我などのトラブルにあったキム・サランさんですが、2019年にはドラマ「アビス」や10年ぶりの出演となる映画「パーフェクトマン」などで見事に女優カムバックしています。

CM活動も順調に継続しており、2020年ドラマ「復讐しろ」では主演として演技力を見せてくれているので、日本でも活躍をまた目にすることができるかも知れませんね。

パク・ハンビョル

 

この投稿をInstagramで見る

 

박한별 🇰🇷(@onestar_p)がシェアした投稿

パク・ハンビョルさんは1984年11月17日にソウル特別市で生まれました。現在38歳で身長は168cm、2002年ファッション誌のモデルとしてデビュー後の、2003年映画「女校怪談3 狐怪談」で女優として活動をはじめます。

女優として精力的に活動を続けていた2009年に、これまで否定していた歌手で俳優のSE7ENさんとの熱愛を認めました。2002年の高校生の頃から交際しており既に7年の関係だと発表したことも驚きですよね。

そして2013年にはドラマ「大切に育てた娘ハナ」で共演した俳優チョン・ウヌさんとの熱愛報道がでており、ここでは熱愛を認めるだけではなく、元カレSE7ENさんとの12年間の恋愛が終了したことも発表しています。

2017年には一般男性との<授かり婚>を発表しており、2018年は出演している作品が無いことからも育児休暇されていたのでしょうね。

出産後落ち着いてきたと思われる2019年にドラマ「悲しくて、愛」でカムバックする形となったのですが、撮影のさなかに夫であるユ・インソクさんのスキャンダルが発覚してしまいます。

日本でも話題になり記憶に新しい<バーニングサン事件>に関与していたことがわかり、「悲しくて、愛」の撮影終了後に芸能活動を休止する宣言とともにソウルから済州(チェジュ)島へ移住されました。

移住後の済州島では、カフェのオーナーをはじめるなど新たな人生を進んでいる姿を見せてくれており、事件のことなどで心配したファンの方も安心したようです。

ハン・グル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hanguru Min(@hanguru0529)がシェアした投稿

ハン・グルさんは1992年5月29日に南楊州(ナミャンジュ)市で生まれました。現在30歳で身長は165cm、本名はミン・ハングルさん。2011年に歌手と女優の同時に活動をはじめます。 

デビューから3ヶ月過ぎた頃から歌手活動よりも女優として力を入れるようになっていきました。女優活動のはじまりは2011年ドラマ「美少女キラーK」で、同じ年に出演したドラマ「今日みたいな日なら」で新人賞を獲得しています。

翌年となる2012年ドラマ「私たち結婚できるかな」でヒロインの親友を演じたことで知名度があがり、2014年ドラマ「恋愛じゃなくて結婚」で主演するなど順調な女優活動になっていました。

2015年に1年間付き合っていたとされる9歳年上の一般男性との結婚を発表します。結婚しても女優活動を続けると言い、ファンはホッとしたことでしょう。

活動を続けると言われていましたが、2017年に双子を出産したことが報じられ、育児に専念するために活動を休止すると発表しました。

しかし引退ではなく休止との事なので、今後女優としてハン・グルさんの活躍が見られる可能性が残っているのも楽しみですよね。

イ・テイム

 

この投稿をInstagramで見る

 

ワウコリア/WoW!Korea(@wow.korea)がシェアした投稿

イ・テイムさんは1986年9月2日に蔚山(ウルサン)広域市で生まれました。現在36歳で身長は170cm、街でのスカウトをきっかけに、2008年ドラマ「私の人生の黄金期」で女優として活動をはじめます。

2010年ドラマ「ためらうな」では、出演わずか3作品目にして主演となるなど将来がとても期待されていた女優さんです。しかし2015年には引退の危機となるスキャンダルが公開され大きな話題となりました。

事の発端は、ドラマの撮影中にイ・テイムさんが共演者のキム・イェウォンさんを罵倒したと報じられたことです。イ・テイムさんは出演していたドラマを途中降板し、活動も自粛するなどの行動で反省の意を示しました。

しかし、ふたりがやりとりをしていた映像が公開されると、タメ口をしていたなど原因がキム・イェウォンさんにある事がわかり、世論は一転して責められるのはキム・イェウォンさんとなります。

これにより自粛を解いて活動再開したイ・テイムさんは年に2作品ペースで精力的に出演していきますが、2017年ドラマ「品位ある彼女」を最後に2018年に芸能界からの電撃引退を表明しました。

電撃引退の背後には『妊娠3ヶ月で、出産後に結婚する』と事務所は発表します。無事出産報告もありましたが、その時にイ・テイムさんの相手は『年上の実業家』とだけ公開されていました。

しかし、2019年7月にイ・テイムさんの夫が、法律違反と犯罪収益隠匿の規制および処罰等に関する法律違反の疑いで裁判となり、詐欺罪として懲役1年6ヶ月を求刑されたと驚きのニュースが報じられます。

それに伴いイ・テイムさんの動向にも注目がされましたが『ひとりで育児していて復帰の計画はない』と伝えられたとある番組で報じられたので、近いうちの復帰はないのがわかり残念ですよね。

まとめ

今回は【消えた韓流女優】最近見かけないあの芸能人の現在は?についてご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

女優さんなので寿引退された人もいますし、実際活動はしていて目立っていなかっただけなどもありました。作品がとても多い韓流なので、日本で目にする機会が無かったというのが正しいのかもしれません。

結婚が理由で休止された他の女優さんも復帰していたりもするので、またファンに素晴らしい演技を届けてくれる日がくる可能性はあると思っています。その時が来たら活動を応援していきたいですよね。

第一次韓流ブームを牽引した初代四天王は誰?現在は何している?
第一次韓流ブームを牽引した初代四天王は誰?現在は何している?韓流ブームって廃れたことがある?というほど、常にブームが続いているように感じる方も多いのではないでしょうか。 韓流ドラマやK-PO...