PRODUCE101

プデュ48の順位操作されたメンバーは宮崎美穂/カウン/竹内美宥?

今や大人気番組となった”プロデュース”シリーズで、メンバーを選出する際に運営側が不正に順位を操作したという衝撃的な出来事が発表されてしまいました。

『プデュ48(PRODUCE48)』の番組を通してデビューし、トップアイドルとして活躍しているアイズワンのメンバーにも順位が入れ替わったメンバーがいるとのことで、何とも信じがたいニュースですよね…。

そこで気になるのが、順位を操作され本来メンバーに入るはずだったのは誰かということですよね。

該当するメンバーは、宮崎美穂さん・カウンさん・竹内美宥さんの3人ではないかと言われていますが実際のところはどうなのでしょうか?

まとめていきたいと思います。

あわせて読みたい
キムヒチョンのwikiプロフィール!インスタや身長・彼女は?今回は、PRODUCE 101 JAPANの中で目を引くスタイル抜群の韓国人練習生・キムヒチョンさんについてご紹介していきたいと思います...
あわせて読みたい
福地正(プデュ)の年齢やインスタは?ハーフで沖縄の高校出身?今話題の、『PRODUCE 101 JAPAN』!通称プデュ!! 韓国発祥の人気オーディション番組の日本版だそう。 今回はそ...

プデュ48では順位操作されたことが認められる

逮捕されたMnet”プロデュース”シリーズのアンPDが、”プロデュースX101“と”プロデュース48“の順位操作を認めたと報じられています。

11月6日に放送されたSBS”8ニュース”は「”プロデュース”シリーズ統括トップであるアンPDが、”プロデュースX101″と”プロデュース48″の順位操作の疑いを認めた」と報じました。”プロデュースX101″からはX1が、”プロデュース48″からはIZOneが誕生しています。

”8ニュース”は「アンPDが昨年下半期より、芸能企画会社から江南の風俗店で40回以上も接待を受けた。接待は一度に数百万ウォン(数十万円)、総額1億ウォンを超えるものと把握されている」と報じています。

警察はMnetの別のアイドルオーディション番組「アイドル学校」についても、不正がなかったか捜査しています。

引用:https://daebak.tokyo/2019/11/06/producex101-produce48/

視聴者が投票してグループを作っていくのがプデュの醍醐味であるのに、まさか最終順位が生放送の前に決まっていたなんて考えられない事態ですね。

視聴者にとっても失礼な行為ですし、何よりも全力で出演しているメンバーが本当にいたたまれなくなります。

この一連の騒動で膿は出されるのでしょうか?

現在放送中のプデュジャパンでは絶対にクリーンな投票を行って欲しいですね。

メンバーに入れなかったのは宮崎美穂・竹内美宥・カウンの3人?

 

メンバーに入れなかったのは、宮崎美穂さん・カウンさん・竹内美宥さんではないかと言われていますが実際のところはどうなのでしょうか?

こちらのランキングを見てみると、確かに日本人はもっと入っていてもおかしくないですよね。

宮崎美穂と竹内美宥はデビュー圏内だった

宮崎さんと竹内さんは特に歌も踊りも現メンバー以上で韓国でも人気が高いという声も上がっていたので、メンバーに選ばれなかった時はネット上でも驚きの声が多く上がっていました。

番組の後半では宮崎さんが目立たないような演出がされたり、竹内さんもカメラにあまり映らなかったりしたことも疑問視されていたようです。

韓国メンバーのカウンもデビューを確実視されながらも脱落

韓国メンバーのカウンさんも、その実力と人気からデビューを確実視されていましたがまさかの脱落。

日本人だけでなく、韓国人にも不正操作が働いたの?とカウンさんに対しても疑問の声が上がっていますがこのメンバーの本当の順位はわかっていませんし、確かなことは言い切れない状況であり、あくまでも憶測ということになります。

皆さんそれぞれの道でこれからも活躍していかれることを願ってやみません。

正式な発表はいつ?


正確な順位を発表する予定はあるのでしょうか?

ネット上では

「正しい順位を公表すべき」

という意見や

「今更公表しても何も良いことは無いので必要ない」

という様々な意見が飛び交っていますが、現在のところ本当の順位を公式から発表する予定は無いようです。

考え方にも賛否両論が分かれますが、何とも言えない部分もありますよね…。

ネットの反応

まとめ

とても後味の悪い発表となりましたが、現在の頑張っているメンバーには何の責任や落ち度もありません。

これからも前向きに活動を続けていって欲しいですね!

それでは今回は以上になります。

最後までご覧頂きありがとうございました!