スポーツ

谷晃生がイケメン!母親は美人新日鉄バレーボール選手で父親は?

ニュースでは、現在開催中の東京2020オリンピックでの日本代表選手の勇姿が連日報じられています。日本選手団の素晴らしい活躍に、国民としてとても誇らしい気持ちになりますね♪

今回は、人気スポーツでもあるサッカーで日本代表として戦っている、ゴールキーパーの谷晃生選手について調べてみました!谷選手のご家族もスポーツに深く関わっていたようなので、谷選手のご家族にスポットを当てていきたいと思います。

久保建英の父親は筑波大学サッカー部出身!天才選手育てた教育法とは?15歳の若さでFC東京、そしてU-19日本代表にいずれも異例の飛び級で選出され、数々の最年少記録を更新し世界からも注目を浴びている久保建...
乾貴士の出身高校や経歴が凄い!年俸3億円で日本代表のゴール動画もサッカー選手の乾貴士さんをご存知でしょうか? 2018年のワールドカップロシア大会で2ゴールを決め一躍時の人となりました。 ...

谷晃生がイケメンで話題!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kosei Tani/谷 晃生(@koseitani_00)がシェアした投稿

谷選手は日本のゴールを守るサッカー選手です。日本の為に全身を使って1点を守る姿は本当にかっこいいですよね♪でも谷選手が注目される理由は他にもあります。

実は谷選手はお顔のかっこよさでも話題になっているんです!

もちろん、勝負ごとに真剣に取り組んでいるお顔がいつもよりかっこ良く見えるのは万人共通ですが、谷選手は普段から爽やかで素敵なお顔なので、谷選手のお顔に注目している方も多く、ネット上ではかなり話題になっていました。

スポーツをやっている人って爽やかでありながらもキリっとしていて、雰囲気もかっこいいですよね!ましてや、国を代表して戦っている選手達は特別かっこよく見えると思います。話題になるのも納得ですよね♪

日本代表の試合内容が気になる所ですが、日本を背負って戦っている選手たちのお顔のかっこよさにも注目していきたいですね!

母親は美人新日鉄バレーボール選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kosei Tani/谷 晃生(@koseitani_00)がシェアした投稿

谷選手自身だけでなく、ご家族もスポーツマンだったそうです。中でも谷選手のお母さんは「真由美(まゆみ)」さんという方で、実業団でも活躍したバレーボール選手でした。

一般人となっているので詳しいプロフィールは紹介されていないのですが、現在52歳の真由美さんは名古屋短期大学付属高等学校(現桜花学園高等学校)に在籍中、高校バレーの全国大会に出場されています。

高校卒業後は新日鉄堺のバレーボールチーム(現堺ブレイザーズの前身)に所属していたようです。当時の新日鉄堺には現在の男子バレー日本代表監督として活躍している中垣内祐一氏や、前女子バレー日本代表監督だった眞鍋政義氏などが在籍していました。

身長が170cmと高かった真由美さんは、「トルネード投法」の第一人者でもある野茂茂雄さんとも同期入社だったようです。当時の新日鉄には輝かしい選手が複数いたようですね!

谷選手はお母さん似だとも言われていますので、真由美さんはとても綺麗なようです。お写真を見るとお顔のパーツがはっきりしていることが分かりますので、実業団時代は美人バレーボーラーとして注目されていたかもしれませんね♪

真由美さんは谷選手がジュニアユースで頑張っていた期間、スーパーで仕事をしながら往復80kmもの長い距離を車で送迎していたそうです。子供の為とはいえ、中々真似出来ることではありません。素敵なパワフルママですよね!

父親は新日鉄応援部!兄弟は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kosei Tani/谷 晃生(@koseitani_00)がシェアした投稿

谷選手のお父さんも真由美さんと同じく新日鉄に在籍していました。お父さんは「信賢(のぶよし)」さんというお名前で、新日鉄の応援部に所属していたそうです。

現在も実業団の試合にはその会社のチアリーディングチームなどが応援に来ていますので、当時応援部に所属していた信賢さんも野球の応援に行ったり、バレーボールの応援に行ったり忙しかったのかもしれません。

真由美さんとの出会いは明らかになっていませんが、一生懸命プレーする真由美さんの姿を間近で見てきたのが距離を縮めるきっかけになったのかもしれませんね♪

谷選手にはご両親の他にお兄さんが2人いて、お兄さんの影響でサッカーを始めています。
小学校6年生の頃には166cmも身長があり、恵まれた体格でした。チームが人手不足の時に助っ人として参加し、それがきっかけでサッカーの道に進んだそうです。父親は新日鉄応援部!兄弟は?引用元:https://campbbq.jp/tanikosei-family/#i-6

高身長の真由美さんの遺伝もあるかもしれませんが、成長期が遅く来ると言われている男の子が小学校時代に165cm超えているのは珍しいですよね!その為か、サッカーに熱中する前は柔道や野球など色々なスポーツをされていました。

もしお兄さんがサッカーをやっていなければ、谷選手がゴールキーパーとして活躍することはなかったかもしれません。当時の谷選手にはお兄さんたちの背中が大きく見えたんでしょうね。兄弟の影響って大きいですよね!

谷晃生のwikiプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kosei Tani/谷 晃生(@koseitani_00)がシェアした投稿

名前:谷 晃生(たに こうせい)
生年月日:2000年11月22日
年齢:20歳
血液型:O型
出身地:大阪府
身長:190cm
最終学歴:追手門学院高等学校卒業
職業:サッカー選手
所属:湘南ベルマーレ
ポジション:ゴールキーパー

Instagram:https://www.instagram.com/koseitani_00/

※偏差値※
追手門学院高等学校:58~68(2021年現在)

父・母・兄2人の5人家族で過ごしてきました。谷選手は堺市内の小学校・中学校を卒業し、中高一貫校である追手門学院高等学校に入学しています。高校1年生の頃にガンバ大阪に2種登録され、翌年にガンバ大阪U-23メンバーとしてJリーグに初出場しました。

2018年、ガンバ大阪に入団しました。その年の5月に初先発を経験しています。
2020年2月から湘南ベルマーレに移籍しました。本来1年間の期限付きでしたが、2021年以降も期限を延長し、現在も湘南ベルマーレでプレーしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kosei Tani/谷 晃生(@koseitani_00)がシェアした投稿

2016年からは日本代表としても活躍していて、現在までに数々の国際大会に出場しています。東京2020オリンピックでは大事な場面で素晴らしいセーブを披露していて、注目選手の1人となっています。

谷選手はお兄さんの影響で5歳からサッカーを始めました。小学校3年生の頃から現在のポジションであるゴールキーパーを担っているようです。当時から恵まれた体格であった谷選手にゴールキーパーはぴったりだったんでしょうね♪

まとめ

今回は、日本のゴールキーパーとして世界と戦う谷晃生選手について調べてみました。

谷選手のご両親は、新日鉄で活躍していたバレーボール選手と選手らを応援する応援部に所属していたことが分かりました。当時の新日鉄にはスポーツ界を担うスペシャリストが複数いたようです。

谷選手がサッカーを始めたのはお兄さんの影響だそうですが、ご両親からスポーツマンの遺伝子が受け継がれていたかもしれません。お母さん譲りの高身長で恵まれた体格だった谷選手は、ゴールキーパーになるべくしてなったんでしょうね♪

現在行われている東京2020オリンピックでは、代表選手たちが国を背負って戦っています。試合結果だけでなく、一生懸命戦う勇ましい姿にも注目して応援したいですね!今夜行われるサッカー3位決定戦も全力で応援したいと思います。

丸山桂里奈の旦那はバツイチで息子が2人?ジュニアユースの噂も調査!
丸山桂里奈の旦那はバツイチで息子が2人?ジュニアユースの噂も調査!元なでしこジャパンFWの丸山桂里奈さんと、元サッカー日本代表GKで解説者の本並健治さんが、2020年9月5日に結婚を発表しました。これま...