ジャニーズ

【ジャニーズ】口パクしているグループは?波紋を呼んだ生放送についても

キラキラ王道アイドルを進むグループや息ぴったりのダンスパフォーマンスが人気のグループ、
ミュージシャン顔負けのバンドサウンドを持つグループなどジャニーズには、さまざまなグループがあります。
自身のコンサートだけでなく、歌番組に出演しパフォーマンスすることで、お茶の間にも元気を与えてくれます。
しかし、ダンスを踊りながら歌っているにも関わらず、歌声がブレないことや高い音程でも簡単に歌ってしまうことから、高確率で「口パクか?生歌か?」の論争が生まれるようです。
そこで今回は、ジャニーズの口パクしているグループを調査しました!また、口パクによって波紋を呼んだ歌番組の生放送もありましたので、合わせて紹介していきます。

ジャニーズ口パク?被せとは?

そもそも口パクや被せとは何でしょうか。それぞれの違いと見分け方をまとめてみました。

「口パク」と「被せ」の違い

口パク

  • あらかじめ収録されている音源に口の動きを合わせて、歌っているように見せる
  • 音源のみ

被せ

  • あらかじめ収録されている音源を流しながら、音源に合わせて実際に歌う
  • 音源プラス生歌

という違いがあるようです。

口パクは、日本では80年代ごろから用いられるようになったそうですが、当時の日本がアイドル全盛期だったことから生まれた歌唱方法のようです。

ジャニーズが口パクを行う利点として、

  • 歌唱力よりルックスを求めるファンが多い
  • 激しいダンスを踊りながらパフォーマンスをする

というのが挙げられると思います。

被せでも、口パクと同様のメリットがあり、主に高音域のフレーズや歌いにくいパートで用いられるようです。

また、大人数グループの場合はワイヤレスマイクは本数に制限があるためメインメンバー以外はダミーのマイクを持っています。被せを用いることで大人数で歌唱しているように聞かせることができます。

見分け方

生歌で歌っているか、口パクや被せでのパフォーマンスかは次の点に注意してみると見分けることができます。

  • 音源と聴き比べる
  • リップシンクが合っていない
  • 動作がおかしい

まず、発売されているCDなど音源をよく聴いてみてください。音源は綺麗に聞こえるように編集がされています。なので、歌番組等の歌唱パフォーマンスで綺麗に歌っていたら、口パクや被せを疑いましょう。

リップシンクが合っていないことも口パクの証拠になります。イヤモニで音を聞いてパフォーマンスをしていますが、イヤモニも電波で音を飛ばしているため、放送とイヤモニで遅延が生まれる場合もあるようです。

最もわかりやすいのは、動作を見ることではないでしょうか。マイクの位置が口元にないのに、声が入っていることやメンバーとぶつかったのにその音が入っていないなどが挙げられますね。

また、踊りながら歌っているのに息が入っていないなども見分けるポイントになります。

ジャニーズで口パクと言われているグループは?

では、ジャニーズで口パクと言われているグループはあるのでしょうか?早速見てまいりましょう。

なにわ男子

まずは2021年11月にデビューしたなにわ男子

今までの関西ジャニーズとは打って変わり、キラキラの王道アイドル路線で活動していますが、ドラマや映画で主演を務めるメンバーやバラエティーを中心に活躍するメンバーなど、多方面で注目を集めています。

そんな彼らですが、デビュー当初からさまざまな歌番組や情報番組でデビュー曲「初心LOVE」を披露してきました。ですが、デビューしたてで歌唱力がまだまだなのか、口パクや被せでのパフォーマンスが多いようです

アイドルらしいキャッチーな楽曲が多いなにわ男子ですが、自身のコンサートではバラード曲やユニット曲など生歌でのパフォーマンスも楽しむことができます

また「The answer」や「2Faced」など、ダンスが激しい楽曲も披露しています。

特に、なにわ男子のリーダー・大橋和也さんは歌唱力に定評があります。普段はハスキーな声ですが、なにわ男子のメインボーカルを務めており、伸びのある高音でメンバーを引っ張っています。

 

また、イケメンビジュアル担当・高橋恭平さんの甘い声も多くのファンを虜にしています。

テレビでも生歌でパフォーマンスする機会が増えればいいなと思います。

SnowMan

2020年にデビューしたSnowManも口パク疑惑があります

俳優として注目を集める目黒蓮さんや、天気予報士の資格を持ちクイズ番組で活躍している阿部亮平さん、バラエティで頭角を見せる向井康二さんなど多種多様なメンバーが所属しています。そんなSnowManの最大の売りは、なんと言っても「息の揃ったダンスとアクロバット」ではないでしょうか。

デビュー曲「D.D.」をはじめ3rdシングル「Grandeur」など、激しいダンスにも関わらず、9人の息の合ったシンクロでファンを虜にしています。また、6thシングル「ブラザービート」はキャッチーな振り付けで真似をしやすく、SNSでもたくさんの人が動画を投稿し、注目を集めました。

高難易度のダンスを披露することが多いSnowManですので、テレビやコンサートでのパフォーマンスを生歌で行うことは不可能だと思われ、口パクや被せをしているのは確実ではないでしょうか

しかし、全て口パクというわけではなく、決めのフレーズやバラードなど動きの少ない場面では生歌で歌唱されているようです

生放送で波紋を呼んだことも?

生放送でのジャニーズのパフォーマンスが生歌か口パクかを巡っては、何度も波紋を呼んでいます。

中でも思わず笑ってしまうような、名パフォーマンスをいつくか紹介します!

ジャニーズWEST

まずは、ジャニーズWEST。

2018年の生放送の歌番組で披露されたのは、ジャニーズWESTの最年少・小瀧望さんが主演を務めた映画「プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜」の主題歌「プリンシパルの君へ」。

メインステージとバックステージを駆け回り、会場を大きく使ったパフォーマンスで、お客さんを盛り上げるジャニーズWEST。順調なパフォーマンスが続きますが、事件は大サビの小瀧望さんのソロで起こりました。

こちらが実際の動画です。

なんと、見せ場となるはずの大サビソロで小瀧望さんのマイクがONになっていなかったのです!

突然の出来事に小瀧望さんはあたりをきょろきょろし、驚きを隠せない模様。メンバーも異変に気付き、心配する様子も見られますが、最後には大爆笑!ジャニーズWESTらしい微笑ましい事件でした。

SnowMan

続いては、SnowMan。

2022年7月放送の「CDTVライブ!ライブ!」で披露された「オレンジkiss」で事件は起きました。この日はコロナ休養のメンバーがいたため、7人体制でのパフォーマンスとなったのですが…

SnowManのメインボーカルである渡辺翔太さんが、なんと歌詞を間違えてしまいました。こちらが実際のパフォーマンスの様子です。

本来は「君にとって 今の 空はどんな色?」という歌詞なのですが、「君にとって ラララ〜 空はどんな色?」と歌詞を間違えてしまったようですね。

これには隣で踊る深澤辰也さんも笑ってしまっています。普段は佐久間大介さんのパートだそうで、歌詞を間違えるのも無理はないですね。歌詞間違いで炎上するかと思いきや、SnowManが生歌だったという証明になり、ファンでは「ラララ事件」として語り継がれています。

なんとこの事件には続きがあるんです!

「ラララ事件」の翌日、SnowManは自身のYouTubeチャンネルで「オレンジkiss」の発売記念生配信を実施しました。配信の中でも「オレンジkiss」を生パフォーマンスしたのですが、渡辺翔太さんが歌詞を忘れてしまった例のパートに差し掛かると、、

ラウールさんがポケットから小さな紙取り出し、歌唱中の渡辺翔太さんに近づき小さな紙を見せます。

なんと、歌詞が書かれているカンペでした!

このやりとりには配信を見ていた多くのファンがほっこりしました。

King&Prince

最後はKing&Prince。

2019年7月放送の音楽の日での出来事です。King&Princeはデビュー曲「シンデレラガール」と高難易度のダンス曲「Naughty Girl」を披露しました。波紋を呼んだのは、「シンデレラガール」のサビ前の平野紫耀さんのパート

本来は、「長い階段駆け上がって 人並みに消える」というサビにつながる大事なワンフレーズ。しかし、平野紫耀さんは「長い階段駆け上がって 見守っていてね」と天を指差しながら歌いました。

実は、歌番組の数日前に亡くなったジャニー喜多川さんへのメッセージだったのです。

平野紫耀さんらしい、愛が込もった素敵な替え歌でした。

まとめ

今回は、ジャニーズで口パクをしているグループを紹介しました。また、生放送ならではのハプニングや粋なサプライズもたくさんありましたね。

歌いながら踊りながらのパフォーマンスが多いアイドルですから、口パクや被せは日常的に行われていると考えられます。ファンからは、口パクや被せに対して、「ビジュアル重視のパフォーマンスで賛成」という意見も、「歌が下手だからと逃げている」という反対の意見もあり、賛否両論でした。

しかし、どのような歌唱方法であれ、わたしたちに元気を与えてくれるので問題はないように思いました。これからも幅広い場面で活躍する彼らから目が離せませんね!

激しいベッドシーンを披露したジャニーズ7選恋愛ドラマや映画、様々なジャンルの作品に出演しているジャニーズのタレントは沢山います。 その中でも恋愛の作品は、ファンにとっては見たい...