人物

松本まりかは歌が下手すぎて放送事故?歌声動画と世間の声をまとめ!

ドラマや映画、舞台、ナレーター、声優など、マルチに活躍していて、遅咲きの女優と大注目されている、”松本まりか”さん。
演技力も高く、”声が可愛い”などと評判な意見も多いようです。

今回は、松本まりかさんは、歌が下手すぎて放送事故レベルなのか、という事についてや、歌声動画も、ご紹介したいと思います。
また、世間の声をまとめてみましょう!

松本まりかの声はアニメ声!可愛い?苦手?

高い声が特徴的な、松本まりかさん。
実際に、アニメの声優のお仕事や、ナレーターなど、”声の仕事”を多数されています。

個人的には、女性らしい可愛い声で好きなのですが、同性からすると、少しぶりっ子キャラのような声をしているので、好きな人と、嫌いな人が分かれるのではないでしょうか。
実際の、松本まりかさんの声を聞いてみたいと思います。

松本まりかさんは、ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズの”リュック” の声を担当していました。
2001~2003年で、当時まだ10代だった彼女。

喋り方が、やっぱりまだ幼さが残るような印象を受けますね。
次に、大人になった30代の松本まりかさんの声を聞いてみましょう!

あまり、変わってないような気がするのは私だけでしょうか。
少し、ぶりっ子キャラが入った独特の話し方は、昔からだったようですね。
声だけを聞くと、好きなんですが。世間の皆様はどう思っているのでしょうか。

やっぱり、賛否両論のようですね。
しかし、SNS上では「ファイナルファンタジー」の”リュック役”は、高評価の声が多かったように思いました。

松本まりかは歌が下手過ぎて放送事故が起きた?

松本まりかさんは、2020年9月12日に「嵐」の”櫻井翔”さんが、総合司会を務めていた「THE MUSIC DAY 2020」という番組に出演しました。
その中で、彼女は”テレサ・テン”さんの「愛人」を熱唱していました。

何故、このお仕事を受けたのか、そして、どういった流れで”愛人”を歌う事になったのかは分かりませんが、ネット上では、松本まりかさんの歌唱力が、話題となっていたようです。
まずは、実際に彼女が、”愛人”を歌った時の動画を見てみましょう!

個人的に、放送事故になるほど、下手ではないのかなという印象を持ちました。
生放送で、緊張されていたでしょうし、そこまで音程も外れていなかったように感じます。
上には上がいるように、下には下がいますよね。

人の事を言えるような、歌唱力は全くありませんが。
”音痴”な人の歌声は、皆様も一度は聞いた事があると思います。
音程から、リズム感、全てにおいて合っていません。

その点、松本まりかさんは、多少、音程のズレはありましたが、”歌が下手過ぎる”レベルまでではないような気もします。

松本まりかの歌声に対して世間の反応は?

では、さっそくですが、SNS上の声を聞いてみたいと思います。

確かに、”歌が下手”という声も多かったですね。
逆に、松本まりかさんを擁護するような声もありましたね。

彼女の本業は女優であり、歌手ではないので、頑張って歌っている姿を、ネット上を利用して批判するような事は、あまりしてはいけないような気はしますね。

ついでと言っては何ですが、「ファイナルファンタジー」でリュック役を担当していた、当時の曲も聞いてみたいと思います。

やっぱり、”アニメ声”感が強いように聞こえますね。
もちろん、リュック役のままで歌っていると思うので、当たり前かもしれませんが。
ここでも私としては、歌が下手過ぎるという印象は、ないように感じました。

松本まりかのwikiプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

松本まりか(@marika_matsumoto)がシェアした投稿

名前:松本 まりか(まつもと まりか)

本名:石田 汀花(いしだ まりか)

生年月日:1984年9月12日

年齢:36歳

出生地:東京都中野区

職業:女優、ナレーター、声優

事務所:A-team

学歴:東京都杉並高等学校卒業

身長:160cm

血液型:B型

家族:母、兄

趣味:ジャズダンス

特技:日本舞踊、空手

公式Instagram:https://www.instagram.com/marika_matsumoto/?hl=ja

公式Twitter:https://twitter.com/marika_2000

松本まりかさんは、幼い頃は”暗い性格”だったそうで、小学校4年生くらいまで、友達と呼べる人が居なかったそうです。
小学校5年生の時に、彼女の特技となっている”空手”を習うようになります。

空手を始めた事で、徐々に明るい性格になっていったようです。
空手では、飛び級を重ね、あっという間に黒帯を取得したという、松本まりかさん。
中学校へ進学する頃には、活発な女の子になっていたそうです。

街に出ると、芸能事務所関係者からスカウトされる機会が増え、1日で何十回と声をかけられる事もあったんだとか。
その、スカウトをきっかけに、雑誌の読者モデルとしても活動していたようです。

引用:http://gossip-topic.com/wp-content/uploads/2019/02/284ccded-1.jpg

透明感があって、とても可愛いですよね。
スカウトされるのも当然といった感じのルックスです。
彼女は、15歳の時に事務所に所属し、芸能界入りしました。

松本まりかさん自身は、芸能界に特別、憧れていた訳ではなかったそうです。
2000年4月8日から放送された、NHK教育テレビ「六番目の小夜子」で女優デビューを果たしました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

寇艱苦奮戰(@sthdydo)がシェアした投稿

このドラマは、NHK教育テレビで放送された作品ですが、高い人気を集めました。
出演していた、”鈴木杏”さんや、”栗山千明”さん、”山田孝之”さんなどが、注目を集めるきっかけともなりました。

まとめ

今回は、松本まりかさんの歌が下手すぎて、放送事故になったのか、という事について調査してみた他、歌声動画や世間の声をまとめてみました。

個人的には、上手いとは言えないかもしれませんが、歌が下手過ぎるような感じは正直しなかったと思います。
放送事故レベルでもなかったのではないでしょうか。

SNS上では、賛否両論でしたね。
歌が下手と言う人もいれば、擁護する声もありました。

若い頃と変わらず、透明感があって笑顔が可愛い、松本まりかさん。
これからも、女優業だけでなく、マルチに活躍する彼女を応援していきたいと思います。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

【松本まりか経歴】中学時代モテモテ!下積み18年で声と怪演でブレイク独特の演技力と特徴的な声で注目を集め、ドラマ・映画に引っ張りだこの人気女優・松本まりかさん。 声優やナレーションなどもこなし華々し...