人物

箕輪厚介の結婚相手はサロン経営者!セクハラ問題で美人嫁と離婚危機?

不況が叫ばれている出版業界ですが、そんな中でも数々のベストセラー本を手がけてきた人物が居ます。その人物は、箕輪厚介(みのわ こうすけ)さんといい、カリスマ編集者と言われることも!

箕輪厚介さんとは、どのような人物なのでしょうか。また結婚されているのでしょうか。この記事では、カリスマ編集者と言われる箕輪厚介さんの結婚相手や馴れ初め、セクハラ問題や、箕輪厚介さんのプロフィールについてまとめています。

石川康晴の嫁(妻)・子供は?セクハラ内容や評判がヤバすぎる!石川康晴さんについてご存知でしょうか? 洋服ブランド「アースミュージック&エコロジー」などを展開するストライプインターナショナルの...

箕輪厚介は結婚していた!出会いや馴れ初めは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

箕輪編集室・公式(@minohen)がシェアした投稿

箕輪厚介さんは、実は幻冬舎出身の敏腕編集者としてかなりの有名人。他にも、堀江貴文さんの著書『多動力』や『逆転の仕事論』、与沢翼さんの著書『ネオヒルズジャパン』などを編集した経歴の持ち主です!

そんな箕輪厚介さんですが、実は既婚者。25歳の時に結婚し、2011年生まれと2015年生まれの、2人の男の子にも恵まれています。お子さんは、2人ともインターナショナルスクールに通っているそう。

箕輪厚介さんはメディアに出演したり多くの分野で活躍しているのですが、多忙な中でもお子さんの学校に送り迎えすることもあると話していました!忙しい中でも、お子さんとの時間をしっかり作る努力をされていることがわかります(^^)


奥様ですが、やはりとっても美人ですね!SNSにアップされている写真は、どれもとても美しいことがわかります。

奥様との馴れ初めについては、インドに旅行したときに現地で出会ったことがきっかけ。2~3年友達期間を経て交際へ至りました。結婚当初は、箕輪厚介さんは25歳という若さだったため、将来のビジョンも特になく、好きだから結婚したそうです。

箕輪厚介さんが最初に入社したのは、双葉社。そこで、ファッション雑誌の広告営業として働いていていましたが、当時お給料は今のように高収入ではありませんでした。そのため、奥様と共働きで生活し、箕輪厚介さんを支えてきた女性であることが判明しました!

とても綺麗な奥様ですが、箕輪厚介さんは家では怒られることが多いそう・・その理由として、家事や育児に参加出来ないことが1番の原因のようです。仕事が忙しく、週末もなかなか家に居ないため、奥様の負担が大きいのかもしれませんね。

しかし、家族が出来たことでより仕事を頑張ろうと思ったり、誰かのために頑張ろうと思うようになったそうです。箕輪厚介さんの行動力や原動力は、家族から来ているのではないでしょうか!

結婚相手は元CAのサロン経営者!

 

この投稿をInstagramで見る

 

箕輪編集室・公式(@minohen)がシェアした投稿

箕輪厚介さんの奥様ですが、ミカさんというハーフの女性で、元々CAをされていたようです。まだ無名の時代から支えてくれていたことから、当時は苦労もあったのではないでしょうか。

箕輪厚介さんは、上記のように忙しく子育てに全く参加出来ていません。そのため、奥様からたまに「離婚したい」と言われ怒られることもしばしば・・

ただ怒られるだけでなく、一週間家を閉め出されたり、前髪を切られたり、ということも過去にあったそうです。

そんな奥様のミカさんですが子育てがひと段落したこともあり、アロマテラピーインストラクターの資格を取得。2019年3月からアロマクラフトサロンを経営しています!

 

この投稿をInstagramで見る

 

アロマクラフトサロンAromatise(@aromatise_mika)がシェアした投稿

Instagramにも綺麗な写真がたくさんありました!

場所はJR品川駅の高輪口より徒歩3分。駅近なところも有難いですよね。気になる方は、ぜひ見てみてください!

美人嫁とセクハラ問題で離婚危機?

 

この投稿をInstagramで見る

 

箕輪編集室・公式(@minohen)がシェアした投稿

2020年5月、箕輪厚介さんがライターの女性にセクハラしていたと報道がありました。報道内容は次の通りです。

2016年12月頃、幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏(34)がライターのA子さんに松浦氏自伝本の取材・執筆を依頼。A子さんは約2カ月で約10万字の原稿を書き上げたが結局は出版されず、原稿料が支払われることはなかった。

そして制作過程では箕輪氏がA子さんに対して「絶対変なことしない」「でもキスしたい」などのメッセージを送り、A子さんの自宅へ押しかけるなどのセクハラ行為に及んでいたことも明らかになっている。

記事引用:文春オンライン

箕輪厚介さんはこの報道を受け、事実を否定。しかし4年前の出来事なので、両者の言い分も違ってきてしまったいる可能性もありますね。

その後、箕輪厚介さんはライブ動画を配信。動画では、文春オンラインの報道に対して暴言を吐いていた姿も・・

「この件に関しては、僕はいいです。僕は元々ああいうメッセージを送る人間で、そういう人なんで。その人はちょっと異常な人なんですけど、僕はそういう人間なのでそれはもうしょうがないかなと。今から気をつけます。

でも今から気をつけてもしょうがない。3年半前のが出るんで今から気をつけてもしょうがないんですけど、一応まあそういう人です。だから俺もああいうメッセージを送る人間です。以上。セクハラとかは絶対しないですよ。

けど、ああいう「どうなの?」みたいなジャブみたいなメッセージは送る人間ですよ」

記事引用:文春オンライン

開き直りのようなコメントもしていました(^^;)

俺のやった罪ってそんな重くないだろ。はっきり言って。まぁしょうがないよね。でもさ、俺のやった罪って重くないって思うけど、山田孝之が沖縄行っただけであんな叩かれるんだから世の中ってクズだなって思う」

「あの、反省してないです。気を付けます。以上。反省はしないです。忌野清志郎のことばに、「自分の手で食っていく奴が簡単に反省しちゃいけない」っていう言葉があって。俺は反省してないです。ふざけんなバーカ

記事引用:文春オンライン

こういった内容を動画で配信するのって、どうかなと思ってしまいますよね。この騒動後、テレビ番組出演などの活動を自粛発表。編集長を務める書籍レーベル「NewsPicks Book」の終了と、編集長を退任することを発表した箕輪厚介さん。

「自分なりのけじめ」として、こういった形を取ったようですが、世間には厳しい声も上がっていました。


箕輪厚介さんは自粛を発表しましたが、1000名以上が参加者登録していると言われる有料サロンについては言及していませんでした。このサイトは月額5940円から1000円のものですが、2018年にはオンラインサロンでの収入は月600万円と語っていました。

自粛と言ってもサロンを続けるのであれば、あまり影響はないような気がしますね。

また、今回の報道で気になるのが奥様との関係。これまでも箕輪厚介さんが家事育児をしないことから喧嘩も多く、奥様からは「離婚」という言葉を何度も言われたそうです。

しかし、これまで離婚せずに夫婦関係は続いていましたが、今回は女性問題やセクハラ問題など問題が山積み。離婚に関してはまだ情報がありませんでした。

箕輪厚介のwikiプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

箕輪編集室・公式(@minohen)がシェアした投稿

名前:箕輪 厚介(みのわ こうすけ)

生年月日:1985年8月28日

年齢:35歳

学歴:早稲田大学第一文学部卒業

職業:編集者・実業家

活動期間:2010年~

公式ホームページ:https://naminoueshoten.com/

公式Twitter:https://twitter.com/minowanowa

芝中学校・高等学校を卒業し、その後は早稲田大学第一文学部へ進学。大学卒業後の2010年、双葉社へ入社しファッション雑誌の広告営業として4年間勤務し商品開発、イベントなどを企画運営に携わっていました。

2015年には幻冬舎に転職。その後、2016年には堀江貴文が主宰するオンラインサロン、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)特任教授に就任しました箕輪厚介さんは、本サロンの特任助教教授として編集学部を担当することとなります。

2017年、「NewsPicksアカデミア」を立ち上げ、NewsPicks Book創刊、また自身のオンラインサロン「箕輪編集室」を主宰。当初は、本の編集を目的としていたものの、2020年現在では、マーケティングプロデュース、またSNSを連動させたプロモーションまで幅広く活動。

オンラインサロンと連動しながら、コンサルティング・プロデュースを手掛けている箕輪厚介さん。2018年には、株式会社CAMPFIREと株式会社幻冬舎の共同出資会社である株式会社エクソダス取締役に就任し、CAMPFIRE community チェアマンに!

しかし2020年には、上記のようにセクハラ行為が話題となり、テレビ出演の自粛、加えて「NewsPicks Book」編集長退任を発表。「NewsPicks」「NewsPicks Book」は終了となりました。

まとめ

箕輪厚介さんの奥様について、セクハラ問題やプロフィールについてまとめました!奥様のミカさんはアロマテラピーインストラクターの資格を取得し、2019年3月からアロマクラフトサロンを経営しています!

箕輪厚介さんは、セクハラ報道を受け自粛や退任を発表したものの、そんなに影響はないのかなと思いました。

コメンテーターや発信者として活躍しているので、口頭で謝罪する姿、自分の言葉で発言する姿が見たかった人も多いのではないでしょうか。

今後の情報にも注目したいと思います!

【画像】木下博勝医師のセクハラが壮絶!被害女性のコメント全文!パワハラ問題が大きな話題になっていたジャガー横田さんの夫・木下博勝医師ですが、ここにきてパワハラだけでなくセクハラ疑惑も浮上していること...