人物

YOSHIKIのすっぴん画像がブサイク?目が斜視・一重でヒゲ濃すぎ?

1980年代後半にヴィジュアル系ロックバンド、X JAPANのドラマーとしてデビューしたYOSHIKIさん。この時代のロックバンドの先駆者的存在となり、解散した今現在でも全世界にファンがいます!

X JAPANの活動以外にも作詞、作曲、ライブ、ボランティア活動など様々なシーンで活躍をしています。2000年には、日本社会と文化に貢献した人物として文部大臣表彰を受賞しました。

そんなYOSHIKIさんですが、サングラスを外したすっぴんがブサイク?と言われています。今回はその真相についてまとめていきます!

YOSHIKIのすっぴん画像がブサイク?

いつもサングラスをかけているYOSHIKIさんですが、皆さんは素顔をみたことはありますか?私自身サングラスを外したYOSHIKIさんを見たことはありますが、ロックバンド出身なのでいつも濃いアイメイクをしていますよね!

こちらがYOSHIKIさんのアイメイクをしている写真です↓

そしてこちらがYOSHIKIさんのノーメイクの写真です↓

引用:https://www.zimbio.com

SNSではすっぴんの画像が想像していたのとは違いブサイク!?と言われています。確かにアイメイク有と無しでは受ける印象がだいぶ違います!

目は斜視で一重?ヒゲが濃い?

それに加えて目が斜視で一重、そしてヒゲも濃いと言われています。

View this post on Instagram

Praying for your health and safety. みんなの健康と安全を祈っています。 "YOSHIKI Makes Donation to MealsonWheels Across LosAngeles, Urges Support for Those Affected by Sudden Food Shortages #XJAPAN の #YOSHIKI が現地時間18日、自身が運営する米国非営利公益法人501(c)(3)「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じて、 米ロサンゼルスの「St.Vincent Meals on Wheels」(自宅で食事を用意できない高齢者などへ食事を届ける、連邦政府がサポートしているプログラム) に対し、食料の購入費用として、8ヶ所に、総額2万4000ドルを寄付した https://finance.yahoo.com/news/yoshiki-makes-donation-meals-wheels-100000465.html #Yahoo Finance #MealsonWheels #yoshikifoundationamerica #losangeles

A post shared by Yoshiki (@yoshikiofficial) on

目はきりっとした一重瞼であることには間違えないようですね!

斜視というのは片っぽの目が反対の目とは違うところに向いていることを指しますが、画像を見たところ斜視だと判断することは出来ませんでした…照明の関係でそう見えているのかもしれません。

そしてヒゲが濃いという事ですが、こちらの画像を見てください↓

たしかにひげの剃り跡がうっすらとあり、青くなっています。YOSHIKIさんはいつもきれいな身なりをしていてどこか中性的な印象があります。男性なのでヒゲは当たり前なのですが、この画像を見たときにヒゲが濃い!と反射的に思ってしまいました。

整形疑惑の真相は?昔の画像と比較!

最後に整形疑惑について調べたいと思います!こちらがデビュー前のYOSHIKIさんの画像です↓

こちらがデビュー後のメイクなし画像です↓

どう見ても整形していないと思います!変わらず一重のままで、鼻は元から高くてきれいな形をしています。ステージやテレビ出演の時は綺麗にメイクをしているので、その結果整形疑惑が話題に上がったのだと思います!

YOSHIKIのwikiプロフィール

名前 : YOSHIKI(よしき)

本名 : 林 佳樹(はやしよしき) 

生年月日 : 1965年11月20日 

年齢 : 54歳 

出身地 : 千葉県館山市 

兄弟 : 弟 

最終学歴 : 安房高校

公式サイト : https://www.yoshiki.net/

公式ブログ : https://ameblo.jp/yoshikiofficial/

Twitter : https://twitter.com/YoshikiOfficial 

Instagram : https://www.instagram.com/yoshikiofficial/

経歴

千葉県館山市に、古くから続く和服屋を営む家庭に生まれたYOSHIKIさん。父親はジャズ音楽やピアノを演奏し、また本格的にタップダンスに励んでいました。お母さんは三味線を演奏することが出来、まさに音楽一家に生まれたYOSHIKIさん。

初めて自分のお小遣いで買ったのがシューベルトのCDだったそうです。子供がクラシック音楽のCDを買うとは、驚きです!家業に忙しい両親に代わって家政婦にお世話をされていました。た

元々喘息持ちで体が弱く、沢山の時間を病院で過ごしました。そこで偉人伝を読んでいる時に自分と同じく幼い頃から病があったベートーヴェンの人生観に強く興味を持ったようです。

なんと初めて作曲をしたのが若干9歳の時で、そこから学校のブラスバンド部ではトランペットを担当していました。ブラスバンド部の部活と並行し得サッカー部にも所属しミッドフィールダーを担当。YOSHIKIさんが運動する姿は想像できません!

10歳になった年、自身の父親を自殺により失ってしまいます。そんな絶望の中母親に連れていってもらったライブでロックと出会いのめり込みました。中学生で既に同級生などとバンドを組みそこでドラムを担当していました。ドラムが更に上手くなるよう必死に練習していたようです!

X JAPANとしての活躍


高校3年生になり皆が大学受験に励む中、自身も音楽大学にピアノ専攻で進むべく今度はピアノの練習に没頭します。

受験期間中は既存のバンド活動が上手くいかなかったこともあり、メンバーの一人でボーカル担当のToshlと他校の生徒で編成されたバンド「X」(今現在のX JAPAN)を結成し活動していました。

この時に以前よりもハードなロックに移行しました。受験で忙しい中、アマチュアバンドのコンテストに参加し、YOSHIKIさんは個人でベストドラマー賞を受賞。別のコンテストではボーカルのToshlがベストボーカル賞を受賞します。

そこでバンドを続けていく自信がつき、バンドを優先することを決めました。ちなみにYOSHIKIさんは既に音楽大学の推薦入学が決まっていましたが、バンドに専念する道を選んだようです。その後活動の場を広げるため上京します。

CDをリリースするため自分達でインディーズのレコード会社「エクスタシーレコード」を設立しました。自分達で会社をつくるなんて凄い決断ですよね!そして最初のCDはインディーズながらオリコンチャート19位を獲得します。

日本でインディーズバンドがオリコン上位に入ることは珍しく快挙だったようです。その2年後の1989年には全日本有線放送大賞最優秀新人賞日本ゴールドディスク大賞最優秀新人賞を受賞しました。

ソロ活動

その恵まれた音楽の才能からアルバムなどのプロデュースも手掛けるようになりました。その後、その当時絶大な人気を得ていた小室哲哉さんとユニットを組みX JAPANにとどまらず活動の幅を広げていきました。

そしてYOSHIKIさんはそのころから活動の拠点をロサンゼルスに移します。

作詞作曲者として様々な歌を作成したり自身の主催するライブを行っています。また本業であるドラマーとしても世界的バンドのクイーンとコラボをしたりしました!

キャリアは絶好調ではありましたが、X JAPANのボーカリストの脱退やギタリストHIDEのに精神的に耐えられなくなったYOSHIKIさんは今まで活動していたX JAPANを解散するという苦渋の決断をしました。

今現在は度々メンバーたちが集まりパフォーマンスをしたりしています!

音楽性とボランティア活動

YOSHIKIさんが書く詞は悲観的なものが多く、それは明るい部分を目立たせる為にあえてそのように書いているようです。作曲の際は暗い部屋に閉じこもりひたすらアイディアが浮かぶのを待つ姿勢をとっています。

自身が幼い頃に父親を亡くしていることから親がいない子供たちへの支援を積極的に行っています。子供たちを自身のコンサートに招いたり、音楽楽器を寄付するなどYOSHIKIさんにしか思いつかないボランティアを行っています。

2010年には「Yoshiki Foundation America」を設立し子供たちの援助を中心に行っています。また、東日本大震災、熊本地震、豪雨被害地域、京都アニメーション放火殺人事件、千葉県の台風など、日本で起きた災害や事件に積極的に手を差し伸べ助けてくれています。

まとめ

私自身、x JAPANが既に解散した後のYOSHIKIしか知らなかったので色んな過去や経歴を知ることが出来、YOSHIKIさんに対する印象ががらりと変わりました。

今回のコロナ渦期間中も積極的に外出自粛を呼びかけるなどファンの事をとても大切に思っている方なんだなと思いました。

これからもYOSHIKIさんの活躍に期待です!!