韓流

【韓流俳優】ドラマを突然降板した理由は?

俳優さんの降板とは、主に担当していたドラマ、映画、舞台演劇などの役割を辞めることですが、ドラマの撮影、放送中に途中で降板した方達も少なくはありません。どんな理由で突然降板してしまったのか、詳しく調べてみましたのでご覧ください。

【韓流女優】ドラマを途中で降板した理由は?突然ドラマで演じている女優さんが変わり、驚いたことがある人もいるのではないでしょうか。脇役であっても、なんだか違和感があったりしますよね...

突然ドラマを降板した理由は?

今回は5名の俳優さん達が突然降板した理由や、その代役について、詳しく見ていきましょう。

『グリーンマザーズクラブ』イ・ギュハン→チェ・ドクムン

『アゲイン・マイ・ライフ』イ・ギュハン→チョン・サンフン

俳優のイ・ギュハンさんが2022年に放送予定の2本の新ドラマを一身上の都合で降板した事が明らかになりました。

『グリーンマザーズクラブ』の代役はチェ・ドクムンさんに決まり、『アゲイン・マイ・ライフ』の代役は、少し悩んだそうですが、無事チョン・サンフンさんに決まったのです

引用元:https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2180637

イ・ギュハンさんは、今年の3月に韓国で放送が終了となったドラマ『先輩、その口紅塗らないで』に出演していました。その頃、自身のSNSにアップしていた投稿を全て削除したという出来事があったりと少し、精神的に不安定な状態だったようです。

その全て削除する前の4月に、自身のSNSを通じて「2021。まだ序盤だけど全てが最悪。仕事も、状況も、人も、事情も」というメッセージを投稿した事が取り上げられていたとか。理由がはっきりしておらず、ファンからは心配の声が殺到。

実はイ・ギュハンさんは、2020年8月にあった暴行疑惑により、2021年11月に検察から調査を受けていました。当時の状況を撮影した防犯カメラがなく、両者の述べた内容が完全に食い違いがあったのです。

同行者と一緒にお酒を飲んでいたイ・ギュハンさんなんですが、かなり酔った状態で車に乗り、移動中に運転手と争いが起こったようで、その時に運転手が暴行を受けたと主張。

しかし、インターネットサイトの取材に対し、イ・ギュハンさんは「事実ではない」と否定していました。そして、警察署にも正式な捜査を要請しているそうです。先月11月に検察から調査を受けた後に、インスタグラムに1件の投稿をしたイ・ギュハンさん。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Leekyuhan(@leeqja)がシェアした投稿

「良くないニュースをお伝えすることになってしまい、ただ心が重い」「2020年8月にあったことが1年3か月を超えるほど私を悩ませている。私の命にかけて暴行、暴言、そのようなことはしていないと誓う」「今、所属事務所がなく、今回のことによってパニック障害がひどくなり、一つ一つ対応ができていない」「1日でも早く“嫌疑なし”の処分を受け、また健康を取り戻したあと、その頃でも私に関心をお持ちいただければ、私の方からこれまでにあった全てのことをお伝えしたい」

このようなメッセージを暗い風景の画像と共に投稿しました。降板理由の一身上の都合は、少なからず、暴行疑惑の件もあるのではないかという事です。これらが起こったのは今年のことですので、今後のドラマ出演などは何も決まっていません。

『王女ピョンガン-月が浮かぶ川-』ジス→ナ・イヌ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jisoo(@actor_jisoo)がシェアした投稿

最初『王女ピョンガン-月が浮かぶ川-』のメインキャスト、オン・ダル役は、俳優のジスさんで決まっていましたが、6話まで放送した時点で不祥事が発覚し途中降板となってしまい、代役としてナ・イヌさんが務める事になりました。

降板理由は、ジスさんが学生時代にいじめを起こした事がある疑惑が浮上。2021年の3月頃、あるコミュニティサイトでジスさんの校内暴力を暴露する書き込みが投稿されました。

しかも、被害者だと言う人物からの投稿で、「今は善良なふりをしてテレビに出ていますが、2007年の中学2年生から本格的に学校の不良グループの1人として、あらゆる悪い行為を行っていた」という内容だったのです。

タバコは当たり前のように吸っていて、他の同級生にいじめを指示したり、暴力、暴言、脅迫、侮辱する行為も頻繁にあったとか。

その被害者だと言う人物が学生時代にされた事の一部の内容を書き込み「他にも、自分以上にひどい目に遭った同級生もいますが、言う事を望まない友人もいると思うので」と、実際に自分が体験し被害に遭った事だけを公表したのでした。

その後、3月4日にジスさん本人がインスタにこの暴露が事実である事を認める直筆謝罪文を投稿したのです。

〈過去に犯した非行について、どのような言い訳の余地もありません。自分の過去にフタをしたまま、ここまで来てしまいました。しかし心の片隅では、過去の罪悪感がいつもあり、大きな不安でした。贖罪しながら生きていきます。私が原因で、(出演する)ドラマに被害がないことを切に願います。被害を受けた方々に、ひざまずいて心からお詫びします〉

引用元:https://friday.kodansha.co.jp/article/178520

『王女ピョンガン-月が浮かぶ川-』は、全20話のドラマで18話まで撮影を終えた状態で、しかも既に6話まで放送されていました。次の週には7、8話が放送される予定で再撮影に間に合わなかった為、ジスさんの出演シーンを最大限にカットし放送。

その後、9話からナ・イヌさん主演で撮り直しをし、1話から6話の撮影分は再放送に向けて後日、全部撮り直しをして大変だったようです。

そして、相手役のキム・ソヒョンさんや、イ・ジフンさん、その他キャストのみなさんもジスさんの降板によって再撮影になりましたが、追加出演料は受け取らず撮影をしたとのこと。

ジスさんは降板を発表した後、起用されたCMや、過去の出演番組のアーカイブもネットから全て削除されましたが、事態はこれだけでは収まらず『王女ピョンガン-月の浮かぶ川-』の制作会社が4月頃に、所属事務所に対して30億ウォン(約3億円)の損害賠償訴訟を起こしました。

ドラマ自体の制作費は、200億ウォン(約20億円)したとか。それから約2ヵ月後、ジスさんはこれ以上事務所に迷惑を掛けられないと本人の意思で契約を終えたとのこと。2021年の現在も自粛中で、今後の予定はまだ未定のようです。

『熱血弁護士 パク・テヨン-飛べ小川の滝-』ペ・ソンウ→チョン・ウソン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Artist Company(@artistcompanyofficial)がシェアした投稿

主人公のパク・サムスを演じていたのは、ペ・ソンウさんでしたが、ドラマ出演中に飲酒運転を起こしてしまい降板となり、代役としてチョン・ウソンさんが務める事になりました。ペ・ソンウさんの飲酒運転の摘発が明らかになったのは、2020年の12月10日のこと。

撮影がなかった日に、知人とお酒を飲んで、そのまま運転をして摘発されたのです。血中アルコール濃度は0.08%以上で免許取り消しレベルであり、警察は、近いうちにペ・ソンウさんを呼び出し、調査する予定だと報道しました。

所属事務所は「弁解の余地なく、責任を深く痛感する」と、飲酒運転で摘発された事を認め、今後のドラマ出演についても降板に至ったペ・ソンウさん。これまで『信じて見られる俳優』として好評だっただけに、視聴者はショックを受けた人たちも少なくありませんでした。

出演を強行すればボイコットするなどの声もあったとか。

そして12月12日の12話放送後、ドラマは休み期間に入り、1月1日から13話がスタート。13話から16話は、もう1人の主演クォン・サンウさんを中心にストーリーが展開し、代役のチョン・ウソンさんは、17話からの登場でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tukusi Harada(@tukusi8596)がシェアした投稿

全20話のドラマでチョン・ウソンさんが出演したのは残りの4話だけでしたが、初登場の17話の視聴率も5.6%と急激に下がる事もなく、むしろ前話の15話、16話より少しですが上がったくらいなのです。

その後、2021年の2月頃、裁判所が罰金700万ウォン(約70万円)をペ・ソンウさんに言い渡したと報道され終了となりました。

ペ・ソンウさんは、数ヶ月の自粛期間を終え、2007年の台湾ロマンス映画『言えない秘密』のリメイク版が韓国で決定し、こちらの映画で復帰予定なんです。

『赤と黒』キム・ナムギル→ホン・ドユン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Guri(@gurigurigaeguri789)がシェアした投稿

主役のシム・ゴヌクを演じていたのは、キム・ナムギルさんでしたが、兵役入隊の通知を受けた為2010年の7月15日に入隊しなければならなくなりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

そら˙ᴥ˙(@kitanosora_umi)がシェアした投稿

その為、全20話で準備していたドラマを17話までに減らし、入隊2日前の7月13日までにキム・ナムギルさんの出演シーンを全て撮影するという事で連日徹夜で行われたそうです。 

実は、ドラマ制作会社との契約終了日は6月30日だったのでドラマ出演を決めたのですが、ワールドカップ編成による不調の為などで予定の期日より大幅に延びてしまったとか。

そのため、入隊ギリギリまで撮影をしたにもかかわらず全て撮り終える事ができず、顔の映りにくいシーンは代役としてホン・ドユンさんが起用されたのです。

引用元:http://www.maxmovie.com

そして、終盤の15話から17話のシム・ゴヌクの出番が極端に減って放送されました。

この『赤と黒』のドラマは3年ぶりに復帰するハン・ガインさんがいたり、オ・ヨンスさんが型破りのメロドラマに初挑戦という話題作だっただけに17話までになり、腑に落ちない結末という意見もあったり、変更される前のシナリオが気になるという声も多かったようです。

その後、2012年の7月に兵役を除隊したキム・ナムギルさんは、数多くのドラマや映画に忙しく出演しており、2021年1月から韓国で放送していたドラマ『悪の心を読む者たち』にも出演していました。

2022年も特別出演も含めると、6本の映画とドラマに出演が決まっているんです。

『時間』キム・ジョンヒョン→代役は立てず

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kim Jung Hyun Nation(@kjh_nation)がシェアした投稿

主役のチョン・スホを演じていたのは、キム・ジョンヒョンさんでしたが、2018年7月、ドラマ終了まで4話を残し、健康上の理由で途中降板で、代役は立てずに最終話の32話で終わりました。

キム・ジョンヒョンさんは、撮影期間中、摂食障害と睡眠障害があり、寝る事も食べる事もあまりできず撮影現場ではかなり、辛い思いをしていたとか。

しかし、作品に迷惑を掛けたくないという本人の意志で治療を受けながら撮影に取り組み、スケジュール調整をしながら頑張っていたようですが、精神的・体力的な休息が必要だという担当医の診断に従って制作スタッフと数回にわたって議論した末に途中降板となりました。

余命を宣告された財閥の御曹司の役で劇中の人物に入り込みすぎたという説と、2018年の映画『記憶に出会う』で共演したソ・イェジさんと熱愛関係により、彼女の束縛などがあり摂食障害や睡眠障害になってしまったのではないかと言われています。

ソ・イェジさんの束縛はとても激しく、プライベートや仕事関係なく他の女性と関わってほしくないと言い、共演者のソヒョンさんや、女性スタッフにも冷たい態度をとったり、スキンシップは当然しないなど現場の雰囲気も良くなかったとか。

彼女の要求通り、撮影現場の映像まで撮影して送ったりもしていたキム・ジョンヒョンさん。ドラマの中でのスキンシップシーンを無くすなどし、結局ドラマから降板したのです。降板後、自筆謝罪文をメディア各社に送ったキム・ジョンヒョンさん。

こんにちは、キム・ジョンヒョンです。

ドラマ『時間』は、僕が俳優として初めて主演を務めることになった作品であり僕にとっても特別な意味のある作品でした。しかし僕は監督や作家さん、共演者の方々およびスタッフの皆様を大きく失望させ、傷つけてしまいました。申し訳ありません。『時間』の制作発表会当時の記憶が破片のように残っています。あの当時の僕の姿は自分でも許せない姿です。二度と振り返りたくないくらいに後悔し反省しています。僕は個人的な問題によって良くない言動を見せてしまいました。主人公として俳優として無責任でした。弁解の余地もな、謝罪申し上げます。ドラマ『時間』から途中降板した全ての過程、制作発表会での僕の行動は自分自身の過ちです。これによって傷つけてしまったソヒョンさんをはじめ、当時、苦労を共にした全ての関係者の方々に心よりお詫び申し上げます。ドラマ『時間』の関係者の皆様、僕のせいで傷ついた全ての方々に、一人ずつ謝罪しなければならないと思い、長い時間がかかったとしても「時間」の監督、作家さん、出演者の皆様、そして全てのスタッフの方々のもとを訪ねて、お許しをいただきたいと思っております。所属事務所であるO&エンターテインメントにも道徳的に謝罪し不快な騒動に言及させてしまった文化倉庫にも謝罪いたします。そして、いつも僕を信じて応援してくださるファンの皆様にも深くお詫び申し上げます。僕のせいで不愉快な思いをした全ての皆様に深くお詫びし、許していただきたいと思っております。この文章を書きながら改めて自分の過ちと行動を振り返る時間となりました。僕にチャンスをいただけるのであれば、全てのことを当然と受け止めることなく、いつも自分自身を見つめて管理する健全な俳優になれるよう努力します。申し訳ありませんでした。

引用元:https://mdpr.jp/k-enta/detail/2533836

そして、突然の途中降板から約1年が経ち、2019年12月に大人気ドラマ『愛の不時着』で復帰する心境を明らかにし、復帰作は成功したのです。

【キム・ジョンヒョン】元彼女ソ・イェジが理由でドラマ降板!事務所トラブルで現在は?2019年ドラマ「愛の不時着」で詐欺師ク・スンジュン役で注目を集めたキム・ジョンヒョンさんが事務所トラブルで報道されたのはご存知でしょう...

まとめ

みなさんいかがでしたか?降板理由は俳優さんそれぞれでしたが、色々なハプニングがあるものですね。ちゃんとした理由はあると思うのですが、一身上の都合と言って降板したイ・ギュハンさんがとても心配です。

その他の俳優さんたちは現在、既に活動中の方達がほとんどですので、今後の活躍にも期待していきましょう。