韓流

【韓国俳優】韓ドラファンが選ぶカッコイイだけじゃない!演技も上手い俳優5選!【20代】

韓国では完璧というものが芸能人には求められる事が多く、アイドルであれば歌やダンスが上手くないと批判炎上しがちです。それほどにファンや視聴者の評価が厳しいのですが、俳優さんの演技についても同じ事がいえます。

ただ上手な人には大絶賛を送り、とても愛される傾向にあるのです。そこで今回は韓ドラファンが選ぶカッコイイだけじゃない、演技も上手い20代の韓国俳優を5選をご紹介させていただきますね。

【演技ドル】俳優としても活躍の韓流アイドル9選!「演技ドル」とは、歌って踊れるアイドルでありながら、演技もできるアイドルから作られた言葉です。今回ご紹介するメンバーは、ただの演技ドルで...
【高学歴の韓流俳優スター】イケメンで頭もいい!頭脳明晰な脳セクをご紹介!
【高学歴の韓流俳優スター】イケメンで頭もいい!頭脳明晰な脳セクをご紹介!韓国は日本とは比べ物にならない位の学歴社会と言われています。 学歴を詐称し問題になった芸能人もいましたが、それほど俳優にとっても学歴は...

20代の演技派イケメン俳優!

この記事を書くにあたり、演技力とはなんだろう?と考えました。人によって感じ方が違うとも言えますし、定義はあるのだろうかと少し調べたので紹介しますね。

視聴者の共感を得られ、違和感の無い演技で、日常的な言葉に感情を乗せられるかが、一般的に演技力として判断される基準となるようです。

ご紹介させていただく20代の演技派イケメン俳優の5人の多くの作品を見ましたが、その世界が本当に存在して、覗き見しているような錯覚を生んで、作品に集中して一気に見終わってしまった気がします。

それでは、どの俳優さんが選ばれているのか見ていきましょう。

パク・ボゴム

パク・ボゴムさんは1993年6月16日にソウル特別市で生まれました。現在28歳で身長は182cm、名前は<宝剣>と書いてボゴムで「時が来れば価値が認められる」という意味なのだそうです。

その名前のとおり、水泳選手や歌手などの進路を阻まれると新しいジャンルに挑戦して、今では俳優としての地位を確立するまでに成長されています。しかし、俳優の道もはじめから上手くはいきませんでした。

2011年映画「ブラインド」で俳優としての活動を始めたパク・ボゴムさんですが、この時は韓国内での演技への評価は悪く、確かに声がうわずっていたり、かすれていたり、動きもオーパーリアクションで不自然でした。

しかし2015年に出演した作品から世間の評価は変わっていきます。映画「コインロッカーの女」に出演した際のパク・ボゴムさんのコメントで『演技が成長した』と自身も体感できたように急成長をしていきました。

同じ年のドラマ「応答せよ1988」では、感情を抑えながらも説得力のある泣き演技を見せていたり、表情や目線で視聴者を作品に集中させてしまうような演技をしています。

そして私がパク・ボゴムさんの虜になってしまった作品である、2016年ドラマ「雲が描いた月明かり」においては、ロマンスシーンの優しい笑顔と、王子としての厳しい表情のメリハリなど素晴らしい演技ですよね。

この作品もあり2016年にはKBS演技大賞を、歴代最年少での男性最優秀賞を筆頭に多くの賞を受賞しており「スマートで賢い俳優」と最大級の評価を得ることになりました。

パクボゴムは歌もダンスも上手い俳優!複雑な家庭環境も大学は主席で卒業!
パクボゴムは歌もダンスも上手い俳優!複雑な家庭環境も大学は主席で卒業!可愛いルックスで長身かつ引き締まった筋肉、そしてダンスに歌と演技まで素晴らしい韓国俳優のパク・ボゴムさんは、現在大注目の俳優さんです。 ...

ソ・ガンジュン

 

この投稿をInstagramで見る

 

mikitea(@mikj1012_2)がシェアした投稿

ソ・ガンジュンさんは1993年10月12日に京畿道軍浦市で生まれました。現在28歳で身長は183cm、本名はイ・スンファンさんで芸名の由来は先輩俳優のマネージャーです。韓国ではマネージャーの名前を借りると「大当たりする」というジンクスがあるようですね。

競争率2000倍といわれる新人発掘オーディション<アフターズリーグ>を勝ち抜き<5urprise(サプライズ)>のメンバーとして、2年間の演技、ダンス、歌の練習生生活を送ることになりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

타냐(@reutskaya_skj_1012)がシェアした投稿

近年K-POPが大人気となっていますが<5urprise>は他のアイドルグループとは方向性が違い、演技活動に重点を置いているため、俳優や舞台などの活躍が目立っています。

ソ・ガンジュンさんは2013年ドラマ「放課後サプライズ」で俳優活動をはじめました。以降、2013年ドラマ「グッド・ドクター」などコンスタントに出演を重ねていき、2015年ドラマ「華政」では初の時代劇に挑戦しています。

初の時代劇と言うのもあり、はじめはぎこちなかった演技も、研究や努力を重ねたそうで、最終的には自然な演技になっていきました。しっかり勉強して研究する姿勢が、良い結果に繋がっているようです。

2016年ドラマ「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」に出演した際のインタビューでは『僕が演技をうまくできるとは思っていません。だけど華政の時よりは成長していて、いい方向で見てくださるのではないかと思います』とコメントしています。

この謙虚からくる勤勉こそがソ・ガンジュンさんの持ち味で、しっかりと作品毎に演技力を高めていっているのが伝わってきますよね。2018年ドラマ「キミはロボット」では、一人二役など新しい事に挑戦しています。

そして、2019年ドラマ「WATCHER<ウォッチャー>」では、肉体を作り込むなどの努力をして、トラウマと内面心理を繊細に表現する演技力を見事に見せてくれたのです。

ナム・ジュヒョク

 

この投稿をInstagramで見る

 

남주혁(@skawngur)がシェアした投稿

ナム・ジュヒョクさんは1994年2月22日に釜山広域市で生まれました。現在27歳で身長は187cm、名前は<柱赫>と書いてジュヒョクで「輝く柱になるように」という意味を込めて、おじいさんが付けたそうです。

その名前の効果があったのか、中学でバスケットをはじめると3年間で30cmも身長が伸びたのだとか。しかし、足の怪我もあってスポーツを断念すると、伸びた身長を生かしてモデルへの進路を進む事にしました。

2013年ブランド「SONGZIO」のモデルとして芸能界デビューをはたすと、2014年ドラマ「インヨ姫」で俳優活動をはじめます。2014年バラエティ番組「学校にいってきます」で一気に知名度があがりました。

2015年ドラマ「恋するジェネレーション」で早くも初主演を務めると、その後は順調に話題作に出演していき、トップ俳優の仲間入りをします。それもルックスだけではなく演技力があったからなのではないでしょうか。

特にナム・ジュヒョクさんの場合は、普通の青年を演じる事が多い気がしますが、同じ様な役柄でも、他の作品の役を感じさせない役作りをされているのか、ドラマ毎にその役として記憶が残っており、その演技力の高さがうかがえます。

2019年ドラマ「まぶしくて」では、ナム・ジュヒョクではなくジュナにしか見えないほど役に没頭していたのが伝わってきます。本人も泣くシーンで『自然と涙を流した』とコメントしているほどでした。

ヨ・ジング

 

この投稿をInstagramで見る

 

@yeo_soulがシェアした投稿

ヨ・ジングさんは1997年8月13日にソウル特別市で生まれました。現在24歳で身長は177cm、名前は<珍九>と書いてジングで「九つの宝に恵まれる」という意味があり、名字も珍しい事から、決まるまで両親は色々悩まれたそうです。

韓国の俳優の中では特に高身長というわけでもなく、自身も『イケメンではなく石男子』と答えており、韓流の王道イケメンとは少し違うのかもしれませんが、謙虚な気持ちと愛される人柄がとても素晴らしいのです。

大きな瞳と低く響く声や、謙虚さと勤勉な姿勢。そしてスタッフに愛される人柄によって持っていた演技の才能を光り輝くものとした経験こそが、名前の九つの宝に恵まれたと言えるのではないでしょうか。

2005年映画「サッド・ムービー」で8歳にして俳優デビューしました。ここから20代半ばまでドラマ28、映画13、合わせて41作品という膨大な出演量となっています。韓流ファンなら一度は目にしている訳ですよね。

2019年ドラマ「王になった男」は特に演技力の高さが見られました。このドラマでは「王・イホン」と王とそっくりの「道化師ハソン」の二役を演じているのですが、相反するふたつの役柄を演じたかと思えば、さらには高度な演技をしていたことに気がつきます。

同じ冷酷に振る舞うシーンでも、元々冷酷な方の人物と温和な方の人物では、目の使い方が違うという演技をされているのです。ただ凄みのある圧力だけは似ているので、ドラマ内では周囲の人々が、王と道化師が入れ替わっているのに気づかないのも納得してしまいます。

そしてなにより声が低いのにしっかり届くので、見ていてとても気持ちよくなるのです。史劇が似合うイメージがあるのも、この声からなのかもしれません。

【ヨ・ジング主演ドラマ・王になった男】見どころと出演者の現在!ヨ・ジングさん主演のドラマ「王になった男」は、イ・ビョンホンさん主演の大ヒット映画をリメイクしたドラマ版となります。 ヨ・ジングさ...

パク・ヒョンシク

 

この投稿をInstagramで見る

 

박형식 / Park Hyungsik(@phs1116)がシェアした投稿

パク・ヒョンシクさんは1991年11月16日に龍仁市器興区で生まれました。現在30歳で身長は183cm、名前は<炯植>と書いてヒョンシクで「光を植える」という意味があり、大物に育って欲しいという願いが込められているそうです。

小さな光が大きな光になるようにとの願いもあるそうですが、パク・ヒョンシクさんは練習生からコツコツと自身を磨いて、現在のような知名度になっていますので、まさに名前の通りになっているのではないでしょうか。

2010年アイドルグループ<ZE:A(ゼア)>のメンバーとして芸能界デビューすると、2011年「オオカミの誘惑」でミュージカルを経験し、2012年ドラマ「愛の贈りもの」で俳優活動をはじめました。

2014年ドラマ「家族なのにどうして」に出演したことで、長編ドラマ、高視聴率と相まって知名度が一気に上昇したのです。ここからは多数の話題作に出演していき、演技をするアイドル<演技ドル>の中でもトップクラスとなります。

出演作毎に違う役柄が多くカメレオン俳優とも呼ばれるほどで、とくに王や御曹司の役をした際には、役毎に表情にでる感情表現が違っており、上品な雰囲気もあわさり存在感が凄いと感じさせられました。

2016年ドラマ「花郎<ファラン>」での演技は見事で、自分の正体を隠しながらも上品であり、しかし仲間との子供のような表情で接している姿など、複雑な心理を持つ役柄を見事に表現したのではないでしょうか。

まとめ

今回は【韓国俳優】韓ドラファンが選ぶカッコイイだけじゃない!演技も上手い俳優5選!【20代】についてお届けしましたが、いかがだったでしょうか?

間違いなく今後も韓流を盛り上げてくれる俳優さん5人ですので、気になった俳優さんがいたら過去の作品を見てみるのも良いのではないでしょうか。私も記事を書いていて、見ていなかった作品を見てみたいと思ってしまいました。

これからも話題作を届けてくれると思いますので、その時に気になった俳優さんのドラマを一気に視聴するのも楽しいかもしれないですよね。演技力という部分に注意して見てみるのも、楽しみ方のひとつだと感じていただけたら幸いです。

【韓流ドラマOST】韓国俳優で歌が上手い人7選!出演作品は?
【韓流ドラマOST】韓国俳優で歌が上手い人7選!出演作品は?韓国では、ドラマのOST(挿入歌)にそのドラマに出演している俳優や女優が参加して歌を披露していることが多々あります。 実は演技だけ...
韓流俳優で筋肉がスゴイ人6選!鍛え抜かれた筋肉美がヤバい!
韓流俳優で筋肉がスゴイ人6選!鍛え抜かれた筋肉美がヤバい!韓国俳優は、演技の実力はもちろん、イケメンなだけでなく鍛え上げられた美しいボディを持つ方も多いですよね! 今回は、ドラマの中でも見...