TVネタ

【ショムニ】主要キャスト女優の現在は?お騒がせ騒動や引退も!

1998年にフジテレビで放送開始され、内容の面白さから口コミで人気を呼び、瞬く間に高視聴率を記録するドラマとなった【ショムニ】

会社で働くサラリーマンが、このドラマを観るとストレス解消になると話題になり、1998年から2003年までお茶の間を賑わせました。また出演者を一新し2013年にも放送され人気を博しています。

そんな人気ドラマ【ショムニ】から、庶務2課に所属していたOL女優の現在についてご紹介します!

【素顔のままで】出演女優・俳優の現在は?みなさんは「素顔のままで」というドラマをご存知でしょうか?1992年4月13日から6月29日までフジテレビの「月9」枠で放送されたドラマ...

ショムニはどんなドラマ?

「ショムニ」とは庶務2課の略で、東京都内の中堅会社の庶務2課が舞台となっています。

この庶務2課ですが、他部署から「OLの掃き溜め場」「女子社員の墓場」と凄惨な悪評がたっており、ここに所属するのは落ちこぼれと言われる女子社員6人。

江角マキコさん演じる主人公坪井千夏を中心に、庶務2課のOL達が社内の人間関係や社会常識にとらわれた情けない男達をバッサリと切り捨てるという、新しいコメディタッチが魅力のドラマです!

第1シリーズでは、最高視聴率28.5%を記録。放送終了後の3か月後にはスペシャル版が制作・放送され、こちらも24.6%という高視聴率を記録しました。

同名コミック「ショムニ」が原作となっており、作者は安田弘之さんです。週刊雑誌「モーニング」にて連載され、単行本全7巻が出版されています。

出演女優の現在は?

それでは大人気ドラマとなった【ショムニ】に出演していた主要キャストの現在に迫っていきます。ぜひ楽しんで最後までご覧ください!

江角マキコ(坪井千夏)

ショムニのリーダー的存在で、「女の価値は、男の数で決まる」が決まり文句の坪井千夏を演じた江角マキコさん。8頭身の美しいスタイルと強烈なキャラクターから抜群の存在感を放っていました。

高校卒業後、女子バレーボールチームに所属し選手として活動していた江角さん。けがの為1年で引退されますが、ファッションモデルに転身しました。主演を務めた今作の大ヒットに伴い、女優業に活躍の場を移していきます。

NHKドラマ「マチベン」出演、さらにバラエティ番組「グータンヌーボ」でMCを務める等マルチに活躍されていきました。私生活では2003年にTVディレクターの平野眞氏と再婚され、長女と長男を授かっています。

女優とバラエティタレントとして大人気の江角マキコさんですが、お騒がせタレントと呼ばれてしまうこともありました。

2003年から当時の社会保険庁による「国民年金保険料納付キャンペーン」のイメージキャラクターを務め納付の必要性を訴えましたが、2004年にご自身が17年間に及び国民年金保険料の未納であった事が発覚します。

これは芸能界入りする前に勤めていた日本たばこ産業を退所後、厚生年金から国民年金への切り替え手続きをしていなかったことが理由でした。会見を開き謝罪されています。

2012年には、自身のマネージャーが長嶋一茂さんの自宅に落書きをしたとして2013年に警察に事情聴取されます。週刊誌に取り上げられ話題となり、江角さん本人がマネージャーに指示したのではないか?という話もあり一時期話題になりました。

その影響もあり、2014年3月に所属していた研音を離れて、個人事務所「インクワイヤー」を立ち上げます。しかし、2017年代理人の弁護士を通じて芸能界を引退する事をFAXにて発表しました。突然の発表に驚かれた方も多いのではないでしょうか。

現在のところ新たに芸能活動を再開したという話はありません。しかし、今なお根強いファンがいる江角マキコさんですから、またテレビで見られるといいですね。

宝生舞(丸橋梅)

千夏と幼なじみで、ショムニの中でも冷静な判断力が光る丸橋梅を演じた宝生舞さん。劇中で短髪からボブカット、2000年のスペシャル版ではロングヘアーとシリーズで最も髪型が変わったキャラクターでもありました。

ショムニ出演後は、映画「陰陽師」「なごり雪」に出演、舞台「胡桃の部屋」「下町日和」にて活躍されていました。2007年には7歳年上のグラフィックデザイナーの方と結婚。2009年にオフィス北野へ事務所を移籍しています。

2010年に公式サイトにて、自分自身をしっかりと確立させるためとして引退を発表されています。

京野ことみ(塚原佐和子)

あわてんぼうで、愛嬌のあるキャラクターが人気の塚原佐和子を演じた京野ことみさん。劇中では真面目だけど融通が利かなく、他メンバーからパシリにされてしまうことも…女子プロレスラーの歴代チャンピオンを暗記しているという謎の趣味もありました。

【ショムニ】シリーズ出演後、「菊次郎とさき」シリーズ、「大奥」等で活躍。幅広い役をこなすことのできる実力から、数々の名作に花を添えていきます。

テレビドラマや映画、舞台にて活躍され、プライベートでは2008年に1歳年上の舞台スタッフの方と結婚されました。

現在は目立った芸能活動はありませんが、これからに期待ですね!

櫻井淳子(宮下佳奈)

社内一の魔性を持つOL宮下佳奈を演じた櫻井淳子さん。劇中ではその魅力で、簡単に男達を手玉に取るシーンが印象的でした!

1991年に役者デビューして、1993年には第31回ゴールデンアロー賞放送新人賞、最優秀新人賞を受賞しています。今作「ショムニ」が当たり役となり、その後も男を虜にする魔性の女といった役が増えていきます。

そんな妖艶な女性役だけではなく、2020年の映画「記憶屋 あなたを忘れない」では息子を愛する母を暖かく演じ切る等女優として素晴らしい活躍をされている櫻井さん。これからもたくさん私たちを楽しませてくれるでしょう。

戸田恵子(徳永あずさ)

庶務2課にいながら社内のあらゆる情報を網羅しているショムニの情報通、徳永あずさを演じた戸田恵子さん。劇中では、会社の株を勝手に売買してショムニに飛ばされたという破天荒な経歴の持ち主でした。

今や女優、声優としても国民的人気を博している戸田恵子さん。放送開始からずっと続けている「アンパンマン」のアンパンマン役が非常に有名ですが、外国映画の吹き替えでも大活躍されていて、今やテレビ業界に必要不可欠な方といってもよいのではないでしょうか。

現在は女優活動に特に力を入れており、2020年ではテレビドラマ「危険なビーナス」、映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~」に出演されています。

今後の活躍も楽しみですね!

高橋由美子(日向利恵)

占い師もできるOLという一風変わったキャラクター日向利恵を演じた高橋由美子さん。ショムニのメンバーの中でツッコミ役も担っていました。「それもまた運命です」という口癖も有名ですね。

主演したテレビドラマ「南くんの恋人」にて、主題歌「友達でいいから」が40万枚を売り上げる等清純派アイドルとして有名だった高橋さんですが、その後「ショムニ」での個性的な演技が実り女優としての活動にシフトされていきます。

2018年には映画「四月の永い夢」や「いつも月夜に米の飯」にて出演された他、2019年舞台「怪人と探偵」、2020年「時子さんのトキ」にて主演を務められる等、現在も精力的に活動されており、私たちを楽しませてくれています!

プライベートでは2021年に、40代の飲み仲間の男性と籍を入れたことを発表され、略奪愛と話題になりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は平成の大ヒットドラマの中から、【ショムニ】を取り上げ、出演女優の皆様の現在に迫ってみました。

今も最前線で活躍している女優さんもいれば、芸能界を引退している方もいて、色々な人生を歩まれているのが分かりました。

しかし【ショムニ】はこれからも名作として語り継がれている作品ですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【ごくせん1】生徒役の現在は?逮捕・引退・亡くなった人も現在までに漫画を映像化した作品は山ほど存在しますが、複数回放送するほどの人気作は意外と少ない気がします。中でも誰もが知っているほど人気の...