人物

高円宮承子(つぐこ)様の結婚相手(旦那/夫)は誰?顔画像や経歴は?

2019年も残り僅かのこの時期、おめでたいニュースが飛び込んできました!

日本の皇族、高円宮憲仁親王と同妃久子様の三姉妹の長女である高円宮承子(つぐこ)様が近いうちに婚約発表をされるそうです。

承子さまのふたりの妹(千家典子さん、守谷絢子さん)は既に嫁がれており、ついに承子さまも結婚という人生の大きな節目をお迎えになるようです。

皇室と言えば現在は秋篠宮家の眞子様が小室圭さんとの関係で何かと話題になりますが、婚約発表をされるということで承子さまも注目されていくでしょう!

そんな承子さまの結婚(婚約)相手である彼氏(未来の旦那様)はどんな人なのか気になりますよね!

ということで、今回は「高円宮承子(つぐこ)様の結婚相手(旦那/夫)は誰?顔画像や経歴は?」という内容でまとめていきたいと思います!

2020年2月5日追記:

年が明け、承子様が婚約発表をされるという週刊女性の報道から約3カ月経ちましたが、未だそのような発表はありません。

そんな中、2020年2月5日に今度は週刊文春が承子様と彼氏のデート現場を直撃取材した記事を配信しました。

文春記者による「(婚約内定)報道は事実ではない?」という質問に対して承子様は「そうですねぇ」とお返事下さったそうです。

結婚まではもう少し時間がかかるのかもしれませんね。

小室圭の父親・祖父・祖母が自害の闇!スキャンダラス一家のまとめ秋篠宮家の眞子様と婚約内定の相手である小室圭さんの件は、いつまでも進展がなく、結局のところ結婚するのかしないのか、曖昧なまま時間が過ぎて...
小室圭の身長は158cm?短足で顔がデカいの声も!画像で徹底検証!大学の同級生だった眞子様との婚約発表から婚約延期、そして借金問題など、様々な波紋を広げている小室圭さん。 皇族の婚約相手ということ...
小室圭が韓国籍のキムと言われる理由は4つ!家系図から徹底調査!秋篠宮家の長女眞子さまと婚約会見したことで一躍注目が集まった小室圭さんですが、現在は結婚の延期状態が続いていますね。 母親の佳代さ...

高円宮承子(つぐこ)様

全名:承子

身位:女王

敬称:殿下

出生:1986年3月8日

年齢:33歳 (2019年11月現在)

父親:高円宮憲仁親王

母親:高円宮妃久子

高校:学習院女子高等科

大学:学習院女子大学(中退)

:エディンバラ大学(中退)

最終学歴:早稲田大国際教養学部(卒業)

承子さまは実は以前、“奔放プリンセス”というイメージがついてしまったことがあります。

理由はイギリス、エディンバラ大学留学中に会員制SNSミクシィ(mixi)内で赤裸々なプライベートを公開してしまい、その内容が週刊文春(2007年2月8日号)に発見されてしまったからです。

報じられた内容の一部は以下の通りです。

「私も親さえ良いなら胸にヤモリの刺青入れたいんだけどなぁ~…間違いなく縁切られますからね(笑)」(06年8月1日の日記)
「タイプ→カッコ可愛い年下」(ケータイ版プロフィール)
「彼氏→三角関係(むしろ四角関係)のすえ泥沼化して終わった。ビバ波乱万丈(嘘)」(ケータイ版プロフィール)

引用:https://www.j-cast.com/2007/02/01005277.html?p=all

しかし、帰国後は早稲田大学を卒業して『日本ユニセフ協会』学校事業部の常勤嘱託職員として勤務しながら、『日本スカッシュ協会』の名誉総裁を務められるなど公務もしっかりとこなされているようです。

結婚相手の顔画像は?


11月下旬、承子さまとの婚約について、外出してタクシーに乗り込むA氏に質問してみると「すみません、急いでますので」と具体的な言及は避けたものの、肯定も否定もしなかった。近いうちに幸せなおふたりが見られるかもしれない。

出典: https://www.jprime.jp/articles/-/16696

週刊女性にて承子さまの結婚相手(婚約者)の写真が掲載されましたが、一般人ということもあり顔にはモザイクがかかっています。

ですが全体像を見る限りは好男子の雰囲気が伝わってきますね。

めでたく婚約発表された際にはメディアに取り上げられるでしょうから、分かり次第追記していきたいと思います。

結婚相手の経歴は?

承子さまの結婚相手の方は一般人なので、やはり名前や経歴は公表されていませんが、承子さまと同学年との事なので年齢は33歳または32歳になるかと思います。

また、大手銀行勤務ということが報じられています。

以下の三社が候補に上げられますね。あくまでも予想ですが。

・三菱UFJフィナンシャル・グループ
・みずほフィナンシャルグループ
・三井住友フィナンシャルグループ

その他の情報は分かり次第追記したいと思います。