スポーツ

山縣亮太の父親はスポーツ用品店経営!実家や家族構成を総まとめ!

何度かの怪我に苦しみながらも10秒の壁を超え,100m自己ベストは9秒95!!という記録保持者である、2021年東京オリンピック陸上100m代表、山縣亮太選手。

リオデジャネイロ五輪では男子4×100mリレーの第一走者として、銀メダル獲得に貢献!個人では、五輪における日本選手史上最速を記録したトップスプリンターですね!

今回は、大注目の山縣亮太選手の父がスポーツ用品店経営をしている!?陸上を始めたのは、お兄さんの影響もあった!?など、気になる山縣選手の〝家族〟について、ご紹介します♪

池江璃花子の白血球が完治した?オリンピック内定までの闘病生活とは?
池江璃花子の白血球が完治した?オリンピック内定までの闘病生活とは?白血病という大病を乗り越えて、水中練習を再開してからわずか1年余で東京五輪の選考基準を突破し、五輪代表入りを決めるという〝偉業〟を成し遂...
萩野公介の目の上(まぶた)の腫れは二重手術ではなかった!原因は何?リオデジャネイロオリンピックやロンドンオリンピックで金メダル・銀メダル・銅メダルを獲得したことのある競泳の萩野公介選手。 歌手のm...
瀬戸大也の嫁(馬淵優佳)が中国人説の真相!日本国籍になった経緯は?日本で有名な競泳選手である瀬戸大也選手。 2020年9月、妻と子供がいる身でありながら”白昼不倫”が報じられたことが記憶に新しい人...

山縣亮太の実家

山縣亮太の父親はスポーツ用品店経営!実家や家族構成を総まとめ!
引用:https://safarilounge.jp/online/fashion/column/detail.php?id=6493&p=1

山縣亮太選手の父・浩一さんは、広島でスポーツ用品店「スポーツのニシヒロ」を経営しています。

山縣選手の父のお店!?ということは、陸上中心の品揃えなのでしょうか?と思いきや・・・主力はサッカー用品なんだそうです(笑)

「スポーツのニシヒロ」は、学校で使用するスポーツ用品、サッカー用品を多く取扱っているようで地元チーム〝サンフレッチェ広島〟が主要取引先であり、同チームの株主でもあるようです。

山縣亮太の家族構成

山縣亮太の父親はスポーツ用品店経営!実家や家族構成を総まとめ!引用:https://safarilounge.jp/online/fashion/column/detail.php?id=6493&p=1

イケメンで年齢的にも気になる山縣亮太選手、結婚はしているの!?

現在は独身だそうです。が、陸上の福島千里(ふくしま ちさと)さんと噂になっているようですね。

2人は同じセイコーの陸上部ということ。ともに陸上短距離のトップアスリートなので、様々な大会やイベントでも共演してきました。

もしかすると、今後二人から結婚!?など、おめでたい報告などがあるのかもしれないですね♪オリンピック後にも注目ですね!

山縣亮太の父親はスポーツ用品店経営!実家や家族構成を総まとめ!引用:https://campbbq.jp/yamagataryota-family/

山縣亮太選手の家族構成は

  • 父親山縣浩一
  • 母親山縣美津江
  • 長男山縣昌平
  • 次男山縣亮太

山縣亮太選手は4人家族の次男。父の浩一さんは、亮太選手が辛い時や苦しい時には一緒に釣りにいってリフレッシュするそうです♪

父、浩一さんは、子育てをするときに気をつけていたことがあるそうです。それは、『誉め続けること』だと言います!

勉強をやりなさいと言って、亮太の悪いところは当然怒るんですけど、陸上で怒ったことはない。と幼い頃を振り返った。

どんどん記録を伸ばした中で、子育てでは「褒め続ける」ことを意識していたという。

引用:THEanswerhttps://news.yahoo.co.jp/articles/59f1adfca37360341158b6df874dbeae4b75fd71

父、浩一さんは、誉め続けることで、山縣亮太選手の才能を伸ばし、そしてサポートしてきたんですね。見た目通りの優しいお父さんなんですね。

山縣亮太の父親はスポーツ用品店経営!実家や家族構成を総まとめ!引用:https://mapimark.com/yamagataryouta-family/

山縣亮太選手の母、美津江さん。年齢は、お父さんより3歳上になります。山縣選手は、母、美津江さんともとても仲良しだそうです。

2015年4月、山縣選手は慶應義塾大学を卒業し、時計大手のセイコーホールディングスに入社しました。そして初任給の使い道について、次のように話しています。

「給料をもらったらまず親に何か買ってあげたいなと思います。気持ちを表せるもので。母親が梅酒が好きなので梅酒を買ってあげようかな」

引用:https://cyclestyle.net/article/2015/04/02/21506.html

そして、2016年のリオデジャネイロ五輪の代表内定が決定した時、山縣亮太選手は、両親がいなければここまで陸上を続けてこれなかった」とコメントしています。

それに対し、母、美津江さんは、「こんなに恵まれた母は世界中を探してもいないと思います」と、話されています。

お互いを大事に想い尊重しあう、素敵な母で息子ですよね♪山縣選手は本当に両親と仲が良いのでしょうね!

山縣亮太の父親はスポーツ用品店経営!実家や家族構成を総まとめ!引用:https://www3.nhk.or.jp/sports/story/4747/

そして、山縣亮太選手の兄、山縣昌平さん。年齢は、山縣選手より2歳上です。実は、山縣選手が陸上を始めたのは、お兄さんがきっかけだそうです。

ある日、お兄さんが陸上の大会で入賞し、賞状をもらって帰ってきます。当時、小学校3年の山縣選手の目には、それはとても大きく、眩しいものに感じたそうです。

山縣亮太選手はその賞状がうらやましくて『僕も来年その大会に出る』と、奮起!翌年、同じ大会に出場しなんと、2位を大きく引き離し、ぶっちぎりで優勝しました!

兄、昌平さんの現在はわかりませんでしたが、学生の頃は、机にパンを隠していた!?など、面白いエピソードもある方だったようですね(笑)

山縣亮太は未熟児で生まれた

山縣亮太の父親はスポーツ用品店経営!実家や家族構成を総まとめ!引用:https://non-stopadventure.com/yamagataryouta-famil

山縣亮太選手は、予定よりも2ヶ月早産で生まれたそうです。そのため、出生時の体重が1730gでした。未熟児の場合、低体重というだけでなく、内蔵機能が未熟なため大変危険です。

未熟児とは・・・37週未満で生まれた新生児です。生まれた時期により、未熟児の臓器は発達が不十分であるため、子宮外で機能する準備がまだできていないことがあります。

新生児の約10%は、未熟児であること、胎児期から新生児期への移行に際する問題、低血糖、呼吸困難、感染症、およびその他の異常のために出生後に特別なケアを必要とします。専門的なケアはしばしば、新生児集中治療室(NICU)で提供されます。

引用:https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/23-小児の健康上の問題/新生児の一般的な問題/未熟児

山縣亮太選手は、肺の機能が万全ではなかったようで、生まれてから、2カ月間新生児集中治療室(NICU)で過ごし、体にはチューブが通され呼吸は弱々しかった。ということです。

そんな我が子を見守るご両親にとっても心身ともに辛い時期だったことでしょう。

父、浩一さんのノートには当時の胸中が記されていました。

「助けてください」

「亮太が無事に育つことを祈る」

山縣亮太選手が未熟児で生まれ、55日間もNICUで過ごし、退院することも出来ず、弱々しい呼吸しかできなかった子が、

元気に大きくなって、努力で日本新記録を樹立したというのは、たくさんの人々に勇気を与えたのではないでしょうか!

山縣亮太選手は未熟児からスター選手へ成長した。ということだけでなく、度重なるケガにも悩まされ、何度も復活し記録を出し続けている努力家なんですね!!

山縣亮太のwikiプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryota Yamagata (山縣亮太)(@y.ryo34)がシェアした投稿

名前:山縣 亮太(やまがた りょうた)

生年月日:1992年6月10日

年齢:29歳

身長:177cm

出身地:広島県広島市西区鈴が峰町

出身校:広島修道高→慶応義塾大学

所属:セイコーホールディングス

twitter:https://twitter.com/V7Jqq

Instagram:https://www.instagram.com/y.ryo34/?utm_source=ig_embed&ig_rid=2f79949f-c81e-476f-b7fe-35565bb08702

【自己ベスト】

100m:9.95(2021.6 布勢スプリント)
200m:20.41(2013.5 関東インカレ)

【主な代表歴】

オリンピック(20東京、16リオ、12ロンドン)
世界選手権(13モスクワ)
アジア大会(18ジャカルタ、14仁川)

日本記録保持種目】

100m

1992年、時の記念日である6月10日、広島県広島市西区鈴が峰町で未熟児で生まれ「生きるか、死ぬか」という危険な状態で、2ヵ月間新生児特定集中治療室(NICU)で過ごした山縣亮太選手。

小さい頃から運動神経抜群で、特に足が早く小学校一年生の時子犬と遊んでいたら怒った母犬が追いかけてきて、犬より早く走って逃げた〝中学生の頃には車と競争していた

など、最速である山縣亮太選手らしいエピソードがあります♪

小学生の頃は野球と陸上をやっていましたが、徐々に陸上の道へ。そんな山縣選手も幾度となく怪我などで挫折を味わったこともあったそうです。

しかし、たくさんの努力と仲間や家族などの支えもあり、2021年には100m走を日本新記録の9秒95を出す!など、日本最速の称号を手にしています。

田中希実(陸上)父親の仕事は娘のコーチ?母親と妹も現役選手で凄い!
田中希実(陸上)父親の仕事は娘のコーチ?母親と妹も現役選手で凄い!女子1500mでは、日本記録を更新して決勝に進出した日本女子陸上界のホープ田中希実選手。 東京オリンピック(五輪)陸上女子中長距離...

まとめ

未熟児として生まれ、数々の怪我にも悩まされてきたという山縣亮太選手。〝もう走れない〟と思ったこともあったそうです。

それでもいつも応援してくれる家族に対する感謝の気持ちなどが、競技を続ける原動力になったことでしょう!

今回は、山縣亮太選手のご家族、父・母・兄について調べましたが、山縣亮太選手の活躍の陰には、温かく支えてくれる〝家族〟の姿がある。ということがわかりました。

今回の東京オリンピックでも家族の前でメダル獲得!となるのでしょうか!?今後の活躍がとても楽しみですね♪

瀬戸大也の実家は埼玉県で居酒屋経営?父は元スキー選手でパイロット!日本を代表する競泳選手とも言える瀬戸大也さんですが、埼玉県ご出身だそうです。子供の頃から水泳の才能を発揮されてきたと思われます。 ...
内村航平の嫁はでしゃばりで不評?元彼女から略奪デキ婚の経緯は?体操界のレジェンドである内村航平選手。世界大会やオリンピックで何度も優勝し、日本を代表する選手として活躍してきました。内村選手というと実...
バトミントン桃田賢斗の不祥事まとめ!闇カジノから女性問題まで!桃田賢斗さんは、日本ランクだけでなく世界ランクで1位を取得したこともある男子バドミントンの選手です。 東京オリンピックでも”金メダ...